ホームダイエット ≫ 必見!生理とダイエットの深い関係とは?~むくみを解消する方法

必見!生理とダイエットの深い関係とは?~むくみを解消する方法

海と猫

生理中のダイエットの件で、ご質問をいただきました。結構女性には大事な問題ですよね。

どうして生理前になると体重が増えるのか?その理由と対策を知っていますか?

スポンサーリンク

読者のひなこさんからのご質問はコチラ

私はよく寝不足だったり生理前は浮腫がひどくなって体重が1㎏増えたりします。
せっかく少し減ったのに浮腫でまた増えた…も落ち込んでしまうこともよくあります。
あさぎさんは、そうときどうしていましたか?


ひなこさん、コメントありがとうございます。
生理中の体重の増減は、結構ダイエット中は大事な問題です。ひなこさんは、ご自分の体重をしっかりと管理されているからこそ、増減がわかるのですね。

どうして生理前にむくみで体重が増えてしまうのでしょうか?


排卵日から生理までの間は「黄体期=高温期」となり黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが増えます。この黄体ホルモンには水分貯留・食欲増進の働きがあるため、生理前~生理中はむくみや過食になる方が多いのです。

この時期の体重増加は、身体が必要としている水分なので、落ち込む必要はありません。

体重の増加が生理の影響かどうかの見分け方


体脂肪率は、毎日計っていますか?
この体脂肪率が変わらないか減っているのに、体重だけが増えている時は、ほぼ生理の影響と考えられます。その場合は、生理が終われば、体重は落ちてくるはずです。

生理の影響を大解剖!


女性にとって、身体への生理の影響は大きなものがあります。ダイエットは、身体にとってはちょっと無理をさせることもあるので、時期による身体への影響を知っておくと、ダイエットを効果的に続けることができます。

生理前


黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加
・食欲増進
・脂肪を蓄える
・水分を溜め込みやすい(むくみ)

気をつけたいのは
何もしなくても、体重が増える時期と知って、いつも通りの食事をすることです。
・暴飲暴食をしない
・間食をいつもより増やさない

生理中


黄体ホルモンの分泌量が減るので、体温が下がりやすくなり、代謝も悪くなりがちです。

代謝が下がりやすいので、意識して暖かいものを食べるようにします。夏場は特にエアコンで身体が冷えることも多いので、要注意ですよ。

生理後


卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が大きく、やせやすくなります。

生理前のむくみやすい時期に食べたいもの


生理前の時期は、黄体ホルモンの影響でむくみが多くのかたにみられます。このむくみを和らげる栄養素は
・カリウム(塩分の排出を促し、水分量を適正に保つ)
・サポニン(利尿効果)
・ポリフェノール(抗酸化作用)
・ビタミンB1(糖質の分解を助ける)
・ビタミンB6(たんぱく質の分解を助ける・ホルモンバランスを整える)

色々な食材がありますが、オススメは海藻と大豆製品・野菜です。

カリウムの豊富な海藻のオススメレシピはコチラ→ダイエットに効果大な海藻レシピ
胡瓜とカニかまの酢の物

大豆製品である豆腐を使ったサラダ→豆腐の和風サラダ
豆腐の和風サラダ

Cpicon 夏のむくみ解消、ダイエット応援スムージー by RicoPing
suika.jpg

こちらは、クックパッドからのレシピですが、カリウムの多いスイカと夏が旬のトマトを使ったあさぎも大注目のレシピです。ぜひ一度試してみようと思っています。

スイカは、カリウムを多く含み利尿効果が高いです。果物なので果糖と呼ばれる糖質も多いので、もちろん取り過ぎはいけませんが、おやつをこれに変えて摂ってみるのはいかがでしょう。

小さいお子さんにも、オススメのおやつですよ。ぜひ一度お試しあれ♪


関連記事

コメント

ひなこさんへ

コメントありがとうございます。
私のほうこそ、勉強になりました。

又、のぞきにきてくださいねv-22

あさぎ | 2016.08.19 22:39 | URL


また詳しく記事にしてくださって、本当にありがとうございます!
とても参考になりました。
生理中は水分量が増えるだけで太ったわけではないんですね。
少し気持ち的にも楽になりました(*^^*)
食べ物も気を付けます

ひなこ | 2016.08.17 22:32 | URL














管理者にだけ表示