ホームあさぎ式ダイエット ≫ 糖質40g以下の食事は少ない?多い?~雑誌クロワッサン「賢く食べて楽にやせる」より

糖質40g以下の食事は少ない?多い?~雑誌クロワッサン「賢く食べて楽にやせる」より

ダイエット

雑誌クロワッサンの糖質制限特集の検証をしています。あさぎの実践しているダイエットと似通っている部分も多く興味深く読みました。記事では、目標とする糖質量も書かれていました。今日は、これを検証です。

雑誌にかかれていたのは、『1食に摂取する糖質量20~40g=主食30g+おかず10g』

1日の糖質40g以下の食事って、どんなものだと思います?

スポンサーリンク

もとになった雑誌からの記事はコチラ
糖質制限の記事を検証

1食に摂取する糖質量20~40g=主食30g+おかず10g


1食の糖質量40g以下を推奨されていました。1日にすると、120g程度でしょうか。普通の食事で炭水化物220g程度ですから、主食量を半分にしてやや多めというかんじです。

前回も書きましたが、主食の目安量をもう一度乗せておきます。
・ごはん      80g(茶碗1/2)  糖質29.4g
・食パン      60g(6枚切り1枚)糖質26.8g
・中華めん(蒸)  85g(1/2玉)  糖質31.4g
・うどん(ゆで)  125g(1/2玉)  糖質26.0g
・そうめん(乾)  50g(1束)    糖質35.1g
・スパゲティ(乾) 40g       糖質27.8g
毎食、どれか一つですね。

ごはん80gで糖質29.4gです。これにおかずをあわせて1日の糖質量を40g以下にするのは、なかなか大変ですよ。
あさぎは、管理栄養士という仕事がら、糖質40gの献立もたてます。
詳しくはこちらの記事→糖質制限ってどれくらい食べればいいの

でも、実際に献立をたててみて、思うのは、ちょっと芋類が多くなったり、砂糖を使う料理法(煮物・酢の物・甘酢炒めなど)が続くと、すぐに糖質量はふえてしまいます。
きっちり、1日の糖質量はこれくらいと考えるより、次のことを守ればほぼ低糖質のお食事になります。

糖質制限のために気をつけること、食べたいもの


気をつけること
① ごはんを80g
② 芋類はさける(または半量)
③ 砂糖の使う料理方法に片寄らない

食べたいもの
① 肉・魚・卵・大豆製品は毎食食べる
② 野菜は、毎食食べる
③ 海藻を1日1回は食べる

実際の1食糖質40g以下のメニューをご紹介


その1
 ★焼き肉風
 ★鶏の味噌かけ★小松菜の胡麻和え
 ★茶碗蒸し★ごはん80g
焼き肉風糖質40
エネルギー 445kcal
たんぱく質  28.6g
脂質     17.0g
塩分     2.9g
糖質     36.8g

その2
★鮭のチーズ焼・付け)白菜のかかあえ
★ブロッコリーの胡麻炒め★煮奴
★キャベツの中華スープ★ごはん80g
鮭糖質40
エネルギー 437kcal
たんぱく質  29.96g
脂質     14.9g
塩分     3.9g
糖質     39.9g

どちらも、糖質40g以下のメニューです。注意したいのは、ごはんを減らすとエネルギーも下がってしまうことです。できれば、塩味のソテーやマヨネーズをつかったサラダを追加してエネルギーアップをはかりたいところですね。

あなたも一度お試しあれ!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示