ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ ダイエットの結果を出す方法とは~ナッツダイエットにチャレンジ!日経ヘルスより

ダイエットの結果を出す方法とは~ナッツダイエットにチャレンジ!日経ヘルスより

ナッツ

本屋で日経ヘルスを見かけました。今月の気になるキーワードは『結果のでるダイエット』。

これから暑くなり薄着の季節ですから、結果を出さなきゃね。いくつか、ダイエット方法がのっていましたが、今回は、ナッツに注目です。

ダイエットにナッツは有名ですが、実際に試してみようかなと思った記事をご紹介します。

スポンサーリンク

日経ヘルスの8月号の記事をダイジェストしておきます。
今回の特集『結果のでるダイエット』

8割の方がダイエットしたいと考えているとか。それでも多くの方がリバウンドも経験している。これは、ダイエットの内容が習慣にできていないから。一生続けることのできないダイエットは、リバウンドの可能性もアップするということです。

結果のでるダイエットの新常識=タイミングと楽しむこと

○1日1食カロリーオフ
→必要な栄養素の不足は、代謝の低下により太りやすい体をつくる。
「食事が少なく、お菓子が多い」・「ささみと野菜ばかりたべる」などは要注意

○忙しいからながら食べ
ながら食べは、食事誘発生熱産生が十分に上がらないため、それほど食べなくても太りやすくなる

○楽しんで食べる
おいしいと感じながら食べると必要な分だけで満足する
※日経ヘルスより

あさぎの一言
結果は習慣になったときに実現する

常々、あさぎの思っている、ダイエット=習慣ということと同じですね。

ちょっと嬉しくなりました。
項目であがっていた、ながら食べ、あさぎもやっていたことがあります。もちろん、家族と一緒の時はしませんが、一人の時は、本を読みながらなんてことも。

これが、食事をすることで使われるエネルギーが少なくなるなんて、知りませんでした。もっと食事とむきあって食べるべきですね。反省です。

そして、『楽しんで食べる』。いくらダイエットだからといって、自分がおいしいと思うものを食べないと、楽しくないし、続きません。栄養素の詰まったカプセルだけ食べたらやせるって聞いても、やっぱり目でみてにおいをかいでおいしく食べたいです。

今回日経ヘルスの記事で紹介されていたダイエット方法は9個。そのうち、食事関係は4つありました。

このダイエット方法も、自分が興味のあることや楽しくできそうなものでないと結果もでないということです。あさぎは、食事関係のダイエットの中から『ナッツ食べるだけダイエット』に注目しました。

「おやつの代わりに1日25gのナッツを食べるだけ」ダイエット。


3つのルール
① 1日25gのミックスナッツを食べる
② アーモンドとくるみを7割、それ以外は好きなナッツを
③ 無塩・素焼きを選ぶ

ミックスナッツダイエットでやせる理由
1 食べ飽きないので続けやすい
2 いろんなナッツを食べるのでかむ回数が増え満腹感がアップ
3 ミックスナッツで女性に不足しがちなビタミン・ミネラル・油がとれる
良質な脂肪により満腹感が得られて間食が減ることと、食物繊維によって便通がよくなる

今回、あさぎがこのナッツに注目した理由


ナッツがダイエットにいいという話は、よく聞きますね。お菓子でもくるみのお菓子なんかは、糖質が低くて、ダイエット向きと有名です。逆に、食べすぎればカロリーが高いので、ダイエットにはなりません。

今回の記事の中、このナッツダイエットに挑戦した方の結果が掲載されていて、職場でもらうお菓子の代わりにこのナッツを食べてみたというのがありました。実はあさぎも職場でお昼の休憩時間にお菓子をもらうんです。

昼休みのお菓子

一回量はこれくらいなんです。ダイエット前にくらべると、これだけでも半分以下にへったんですよ。この倍は食べていましたから。

でも、今はこれはOKとしてしまっているのが、体重が減らない原因でもあると思っています。

そこで、今回の記事を読んで、お昼の休憩時間にもらうお菓子のかわりにナッツを試してみることにしました。
おいしい実
このお菓子を、自分で作ってみるという感じですね。
ナッツのお菓子→ミニストップの『おいしい実見つけ種』

記事にのっていたナッツの栄養成分をのせておきます。
〔ナッツに含まれる栄養素〕
アーモンド
○αアミラーゼ(糖質分解酵素)・βグルコシダーゼ(脂質分解酵素)の働きを阻害して余分な糖や脂肪の吸収を防ぎ便として排出する。
○糖と体内のたんぱく質が結合してできる老化物質(終末糖化産物)の発生を防ぎ排出させる。

くるみ
血管をしなやかにしたり細胞の活性化を促すαリノレン酸

カシューナッツ
○ビタミンK(骨の形成を助ける)
○亜鉛(たんぱく質合成に必要)
○鉄(貧血予防)
○マグネシウム(循環器や骨の健康に関係)

大豆
○たんぱく質や食物繊維が多い。
○イソフラボン(女性ホルモンの減少に伴う症状の改善に役立つ)

ヒマワリの種
○ビタミンB(糖質代謝に必要)
○リノール酸
○ビタミンE(抗酸化成分)・鉄

カボチャの種
○カルシウム
○リン
○鉄
を含む漢方の生薬にも使われる
※日経ヘルスより

この他にも、タイガーナッツ・ピーナッツも紹介されていました。でもタイガーナッツは手にはいらなそうだし、ピーナッツは以前
アレルギー?と思う反応がでたことがあるので、除外しました。

次の休みにナッツを調達にいってきます。また、結果は報告しますね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示