ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ ダイエット中の「小腹が空いたら食べる」は本当?~栄養と料理より

ダイエット中の「小腹が空いたら食べる」は本当?~栄養と料理より

 あじさい3 

栄養と料理の7月号から面白い記事をご紹介しています。普段は、買わないあさぎもつい買ってしまいました。

今回は、ダイエットにつかえるおかずの色々からおやつの話が載っていました。でも1つだけあさぎが賛成できないものもありました。それもご紹介しますね。

スポンサーリンク

栄養と料理の内容から見出しをちょこっとご紹介。
体にもお財布にもやさしい!ダイエットおかず
1お値打ち食材でダイエット
2いつでもたっぷり食べたい野菜のおかず
3きのこ&海藻のおかず
4小腹がすいた時のちょこっとつなぎ食

基本的には、それぞれの食材を使ったレシピが紹介されています。

最初のお値打ち食材って、なんだと思いますか?
鶏むね肉・イカ・ミンチ肉・サバ缶・豆腐・おからといった食材が取り上げられていました。

お値打ちという言葉がうれしいですね。鶏むね肉は、最近100g38円というのを見かけて驚いたばかりです。

今回注目したのは、4番目のつなぎ食です。
ここでは、『夕方の何か食べたい』や、『寝る前のお腹がすいた』をなだめてやるためには、我慢ばかりではストレスになるので、80kcal以下のつなぎ食をススメています。

この80kcalというのが、栄養と料理らしいというか、糖尿病の食品交換法の1単位とあわせてあるのかなとちょっと思いました。

細く長くでもまず続けることに主眼を置くならば、このちょっと小腹がすいた時に食べるというのはアリでしょうか。

あさぎの今日の一言

おなかの空きすぎはいけないけど、すぐ何か食べるよりちょっと我慢するのも大事じゃない?

あさぎが一つだけ賛成できなかったのは、コレなんです。
確かに、お腹がすきすぎると、次に食べる食事に歯止めが効きにくくなって、食べ過ぎてしまうということがあります。そんなことが続けば、もうダイエットなんてやめた!となりがちです。

それでも、ちょっとおなかがすいた時には、まず食べる以外の方法を試してみるほうが、意外と我慢できたりします。

そこで、小腹がすいた時の対策あさぎ編を考えてみました。

あさぎの考える小腹がすいた対策


おやつの好きなあさぎですが、ちょっとお腹がすいたからといって、口に物をいれていたのでは、規制がゆるくなってきます。そのため、意思が弱いあさぎのような方には、食べてもいいけど、時間を守る。それ以外はカロリーのない水やブラックコーヒーで我慢することをおススメしたいです。

あさぎの体重を増やさない6か条
1 朝・昼・夕の3回の食事はきっちりと食べる。
ここで、手をぬくと、次の食事までもたずに何か食べたくなる(小腹がすく)

2 朝食後、昼ごはんまでは、飲み物以外は一切口にしない。10時頃に誘惑がくるけど我慢する。

3 おやつは、平日はお昼休憩にもらうお菓子だけにする。
いつも、仕事場のおばちゃんからこれくらいのおやつをくれる。
IMG_6413.jpg

4 帰宅途中の車の中では、出来る限り我慢する。早く帰って夕食を食べる。
どうしても、何か食べたい時のオススメはコチラ⇒何か食べたいを満足させるおやつベスト3

5 休みの日は、3時におやつを食べるのはOKとする。ただし、運動をとりいれ1万歩をめざす。(歩いて買い物に行く)

6 夕食後は、お茶か水・ブラックコーヒー以外は口にしない。

これが今あさぎが実践中の6か条です。一番誘惑の大きいのが、4番。他人の目がないとついついということがよくあります。反省

低カロリーだからと言って食べすぎれば太ります。食べる回数を意識するのか、食べるものを意識するのか
自分に合った方法はどちらか、一度考えてみることもおすすめですよ。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示