ホーム家計管理 ≫ 家計の黄金比率に近づければ貯蓄も簡単!~あさぎ家の貯まらない原因はコレだ

家計の黄金比率に近づければ貯蓄も簡単!~あさぎ家の貯まらない原因はコレだ

ピンク電卓 


節約初心者のあさぎです。ちょっと面白い本をみつけました。
『老後に差が出る!金持ち母さん貧乏母さん』気になる題名です。この本の中で、家計の黄金比率というのが乗っていました。あさぎ家の家計比率を計算してみました。問題がたくさんでしたよ。

スポンサーリンク

貯めるための黄金比率というのがあるそうです。

『好きなものややりたいことにお金を使うために、支出全体を見極め、無駄な出費を減らす秘策があります。貯蓄上手な人たちのデータから編み出された、「黄金比率」を参考にすれば、次第に貯蓄体質になるはずです。』
※家計再生コンサルタントの横山光昭さんの記事より

支出の黄金比率とあさぎ家の比率を表にしてみました。

    
黄金比率 あさぎ家
住居費 22% 20%
食費 14% 13%
水道光熱費 6% 8.3%
通信費 4.5% 10.5%
生命保険料 3% 7%
自動車関連 4% 3.3%
生活日用品 2% 0.2%
医療費 1% 0.5%
教育費 5%
交通費 2% 8.9%
被服費 2%
交際費 1%
娯楽費 2%
小遣い 10% 8.9%
嗜好品 1.5%
その他 3% 14.7%
預貯金 17% 4.7%
 


あさぎの一言
やっぱり問題は、通信費!そして、もう一つ問題発見。

食費と住居費が、多いかなと予想したのですが、これはまあまあの範囲でホッ。
内容をここまで細かくわけていないの、空欄のものもあります。子ども達が大きくなったので、教育費がいらなくなっているので助かっています。
そのかわりに、大幅にオーバーしていたのが、通信費。

我が家の問題の一つは通信費

携帯電話・ネットといった通信費がネックです。
この数値は、3月の引き落とし金額から計算してみました。
携帯代金の見直しをかねて、ネットの乗り換えをした結果、減らせるといいのですが。
詳しくはコチラの記事→ソフトバンク光で節約

この黄金費では、通信費が4.5%。30万円の収入なら13500円、40万円の収入なら180000円。
これって、ものすごく低くないですか?
我が家のように一人1万円×人数+ネット6500円では、なかなか難しいですね。
今回ネットのプロバイダ乗り換えで、ちょっとでも近づけるといいのですけど。

もう一つの問題は貯蓄

お金を無理なく貯めるのに、一番いい方法は、先取りだと良く聞きます。とにかくお給料が入ったら先に貯金用のお金を確保することというのです。あさぎは、なかなかそれができません。

今回通帳見ながら、計算していて、貯蓄用にお金を分けていないことに気づきました。
あさぎの言い訳は
○銀行引き落としのものは、予算内でおさまらないかもしれないから、ちょっと多めに銀行に残しておかなくっちゃ。
○足りないものは、足りないんだから、お金を追加でおろさないと仕方ない。

この考え方が、貯まらない元凶かもしれません。今回の記事を良い機会に、もう一度黄金比率に近づけるよう見直してみます。あなたの家計はいかが?


関連記事

コメント













管理者にだけ表示