ホーム40代からのダイエット ≫ ダイエットに大事な食事の時間に寝る時間

ダイエットに大事な食事の時間に寝る時間

a1180_012193.jpg 


ダイエットには、食事の時間も大事と言われます。あなたのご家庭の夕食時間は何時ですか?

そして、食べる時間だけでなく、寝る時間も大事って知っていましたか?

スポンサーリンク

夕食の時間は、一般的には、19時頃でしょうか。早い家庭で18時かな。
我が家は、20時です。やや遅いかなと感じています。

マイルールをご紹介しますね
★夕食の後は、何も食べない
(水・お茶・ブラックコーヒーは○)
★寝る3時間前までに夕食を終える

以前に、21時くらいにちょこっとおやつを食べていたことがあります。
おみやげのドーナツなんかを、食べていました。せっかく買ってきてくれたんだからと。すると、体重がじわじわと増えて、寝る前に食べると肥満になることを実証してしまいました。

今は、夕食後はおみやげでも食べません。翌朝にいただきます。

どうしても夕食が豪華にしがちですが、帰宅時間が遅い場合は、主食のごはんは食べないということもあります。

食事回数は、よくダイエットの話題になりますが、私は1日3回を推奨しています。
朝は、朝日をあびて体に栄養を補給してやりたいです。
昼食は、一日のうちで一番活動量の多いのでここでしっかり食べたい。
夕食は、種類をふやして、量は少なめで。

逆に体重を増やしたい相撲取りなどは、一日2回でけいこの後にしっかりと食事をとり、そのあと、休憩。この休憩中にしっかり食べた栄養が体の中で筋肉にかわり、脂肪になります。

特に運動をするわけでない場合は、食事の間隔があきすぎると、体が飢餓状態と間違えて、脂肪を使うより貯めるように指令をだします。すると、糖質を脂肪にかえて貯めておく働きに向かいます。

総エネルギー量が同じでも、一日3回で食べる方がいいと思っています。

それならば、3回よりもっと多く食べた方がいいのかと思いますが、あまり回数が多くても、食事で上がった血糖値がさがりきらない間にまた食事となるので、おススメはできません。

1日4回5回を勧めるのは、胃の切除の方や、吸収が悪い方の場合です。今回は、あくまでもダイエットの観点から3回ということです。

ダイエットには、寝る時間も大きくかかわってきます。

寝ている間に脂肪燃焼の働きのあるホルモンが出ることはご存じでしょうか。成長ホルモンと呼ばれるものです。

このホルモンは、夜10時から午前3時までの間が多く分泌されると言われています。
その成長ホルモンの分泌は眠りについて3時間で分泌され始めると言われていますので、遅くとも日付が変わる頃にはベッドに入っている事がベストということですね。

私も最近は寝るのが遅くなりがちです。
ちょっと今日から12時に寝るを実行しようと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示