ホームダイエット中のおやつ ≫ シャトレーゼの『凍ったまま食べるゼリー』の一つだけ残念なこととは?~普通のアイスと食べくらべ

シャトレーゼの『凍ったまま食べるゼリー』の一つだけ残念なこととは?~普通のアイスと食べくらべ

 シャトレーゼ氷ゼリー

シャトレーゼといえば、夏場のアイスが安くて美味しいと評判です。ケーキはもちろんアイスもダイエット中には、要注意ですが、なんとカロリー40kcal以下・糖質4.6gというスイーツを見つけました。これでおいしければ文句なしですが、一つだけ残念なことがあったんです。

スポンサーリンク

凍ったまま食べるゼリー カロリーオフ クリームソーダ

シャトレーゼ氷ゼリー2

『凍らせた状態ではシャーベットとして、解凍後はゼリーとして食べられるカップスイーツです。さわやかなソーダゼリーにふわふわのミルクムースを重ね、ク リームソーダ風に仕上げました。暑い夏の時期でもさっぱりと食べて頂けるゼリーです。糖質4.6g(エリスリトール、マルチトールを除く)、カロリー 39kcalに抑えていますので、糖質やカロリーが気になる方、ダイエット中の方におすすめです。』(※シャトレーゼホームページより)


栄養成分(1個当たり)

エネルギー  39kcal
たんぱく質  0.4g
脂質     0.3g
糖質     19.9g
食物繊維   6.0g
ナトリウム  49mg
※エリスリトール・マルチトールを除いた糖質量4.6g

原材料名
エリスリトール・難消化性デキストリン・牛乳・マルチトール・ぶどう糖・ゼラチン・デキストリン・セルロース・こんにゃく粉・グリセリン・香料・安定剤(増粘多糖類)・pH調整剤・酸味料・乳化剤・酸化防止剤・・着色料・甘味料(スクラロース)

あさぎの一言
エネルギーと糖質量は申し分ないけど、食べ終わった後口がイマイチさっぱりしない 

ダイエット中に食べても大丈夫?

当ブログでは、ダイエット中に安心して食べられるか?という部分が大きな基準です。
それでは、判定してみますね。(★が多い方がgood)

ダイエット中のおやつを★で判定

○総カロリー ★★
○炭水化物  ★★
○味      ★☆
○食べごたえ   ★★

合計 ★★★★★★★☆  ★7つ

ゼリーとしても凍らせたシャーベットとしても食べられるスイーツです。常温でちょうどよい甘味に調整してあるようで、凍らせた状態で食べると、やや甘さが控えめに感じます。

凍っているのをガリガリと削りながら食べるので、食べ終えた頃には、意外とお腹が膨れる感じがします。これって、食物繊維である難消化性デキストリンやこんにゃく粉の効果もあるかもしれませんね。
これは余談ですが、これを食べた日は、いつもと違う時間にお通じが!これも効果?

シャトレーゼ氷ゼリー中

★をマイナスした理由

甘さは、やや控えめです。上にのっているミルクムースがいい味をだしています。クリームソーダ味となっていますが、ソーダ感はありません。

あさぎはちょっとものたりない感じがしました。なので★を1つマイナスです。

もう少しカロリーアップしてもいいので、生クリームを使って濃厚さをアップしてほしいなと思います。
普段、アイスをあまり食べない方には、ややものたりない甘さかもしれませんが、毎日でもアイスを食べたいという方には、おススメできそうです。

普通のアイスと比べてみました

同じくシャトレーゼで買ったアイス『パリッと巻きチョコバー宇治抹茶』
巻チョコ抹茶シャトレーゼ

栄養成分(1個当たり)

エネルギー  166kcal
たんぱく質  2.2g
脂質     9.9g
炭水化物   17.0g
ナトリウム  25mg

こちらのアイスは、低糖質製品ではありませんが、大きさが市販のアイスより小さ目なので、その結果エネルギー・炭水化物が低くなっています。

あさぎは、こちらのアイスを1本だけ食べるほうがいいかな。しっかりと食べたい方は、低糖質の凍ったまま食べるゼリーがいいかもしれませんね。

小さい普通のアイスと、低糖質のスイーツ、あなたはどちらを食べますか?





関連記事

コメント













管理者にだけ表示