ホーム家計管理 ≫ 簡単に節約!固定資産税の支払いで初めてnanakoカードを使ってみた感想

簡単に節約!固定資産税の支払いで初めてnanakoカードを使ってみた感想

電卓家


5月に入り、税金の支払いがやってきました。節約初心者のあさぎが、ネットで目についたのが、税金の支払いにnanakoカードが使えて、ポイントが付くという方法です。みなさん、よく御存じだったでしょうか。

なんだかややこしそうですが、ここはやってみるのが一番。実際に挑戦してみてなるほどと思ったことがたくさんありました。

スポンサーリンク

我が家も車の税金(34500円)と家の固定資産税がかかります。家は築16年なので、今年は72600円の税額です。

もちろん、毎月の収入からは、こんな大金だせるわけがありません。ボーナスがほとんど税金用に消えていきます。払えるだけありがたいのですが、もしボーナスがなくなったらと思うと怖いですねぇ。

これまで税金は、銀行の窓口で現金で支払う方法にしていました。この税金の支払いにナナコカードを使うことができ、ポイントがたまるというのです。

nanakoカードは、セブン&アイグループ(イトーヨーカドーやセブンイレブン等)でお得に使える電子マネーサービスです。今までなんとなく、電子マネーには手を出していなかったのですが、これを機にやってみようと挑戦しました。

ナナコカードが家にあった

ナナコカードを使ったことはないのですが、どこかで見たようなと思いさがしてみました。すると、以前作った、セブンカードプラスというJCBのカードにナナコカードが一体化されているではありませんか。これを使わない手はありません。

2年目から年会費500円がかかるので、何か使い道がないかなと思っていたんです。

カードはもう手元にありますし、ナナコカードとの一体型でもあります。それでも、最初に手続きをしないとお金のチャージはできません。

一番初めに必要なこと

1 ナナコカードとポイントのたまるクレジットカードを準備する。
あさぎの場合は、もうセブンカードプラスというカードが手元にあったので、これを使うことにしました。でも、一から始める場合はポイント還元率がそれぞれカードによって違うので選ぶことも大事です。

ちなみにセブンカードプラスはポイント還元率が0.5%ですが、楽天カードだと1%です。楽天カードの方が得だったかなと後でちょっと悩みました。

2 JCBのホームページにいって、登録
ネットでカードの利用明細が見れるようにするには、登録が必要です。
コチラのページ→JCBホームページ

3 ナナコのホームページに行って登録
コチラのページ→ナナコホームページ
会員ログインをクリックするとログイン画面が開きます。そこにカード番号を入力するとログインできます。(チャージ操作は当日はできません。)

4 翌日以降にナナコのホームページでクレジットをチャージ
車の税金用に4万円のチャージをしました。ネットで簡単にできるのは便利です。でも、あさぎは後日この税金分の現金を引き落とし口座に入れにいきました。

5 セブンイレブンのセブン銀行ATMで残高確認(もしくはレジで確認してもらいます)
これで、ナナコカードの中に4万円が移ります。この操作をしないと、センターあずかりとなり、カードの中にお金がない状態のままです。

6 セブンイレブンで車の税金をナナコカードで支払い
これで、支払が終了です。

実際にやってみると、1日ですべての操作ができなかったりと、なるほどなあと思うことがあるものです。
車の税金は5万円以下だったので、セブンイレブンのレジで、「ナナコカードで」というとすんなりと払うことができました。

次に固定資産税72600円の支払いです。

5万円以上の税金をナナコカードで支払いました

ナナコカードは、5万円までしかチャージできません。それも、ネットで探すと、ナナコカード+センターあずかり50000円で合計10万円まで支払えると書いてあるサイトがあります。

あさぎは、最初5万円のチャージをネットでして、セブンイレブンのセブン銀行ATMで残高確認をしました。そして車の税金34500円をナナコカードで支払いました。
50000円-34500円=5500円
5500円ナナコカードに残っている状態です。

後日、ネットで50000円(29000円と21000円)のチャージをしました。もう一度セブン銀行のATM で残高照会をして5万円をカードに移そうとしましたが、5500円残っているので、44500円のみナナコカードへ移行しました。

続けてATMでチャージができるかとやってみましたが、ここでは失敗。

再度、ネットで20000円のチャージをしました。
もうこの時点では、ナナコカードはいっぱいの状態です。

日をかえて、再度セブンイレブンへ行って、レジでお店の人に対応してもらいます。
『支払いをナナコカードでお願いします』
そういうと、お店の方がレジの画面の了承画面のタッチを言われます。ここには支払い額の72500円の金額がでていました。

5万円で足りない分は現金ですか?と聞かれたのですが、ここでネットでの勉強の成果をださねばいけません。

『センター預かりの分があるのでそれを使います』
すると、お店の人が一度5万円分支払って最後うつします(?)と言われていました。
イマイチあさぎはよくわかっていなかったのですが、取り合えず支払いができないと言われたわけではなさそうだったので、お任せしました。
ちょっとレジ操作に失敗されていましたが、なんとか終了です。

ナナコカードで税金を支払うことに挑戦してみて思ったことは

1 ポイントがつくのでお得
セブンカードブラスだと、0.5%のポイントがつきます。
11万円分ナナコカードにチャージしたので550ポイント=550円の節約になります。現金で支払っていれば、ポイントとは無縁なので、うれしい結果ですね。
ただし、チャージしたことに対してポイントがつくので、銀行引き落としの10日すぎないと、ポイント加算はされません。(イトーヨーカドーに行って確認してみました)

2 平日の昼間以外でも支払いができるので便利
実は、あさぎはポイントよりも、このいつでも支払いができることがとても大きなメリットです。平日休みはあまりないので、銀行に行くことが難しい時があります。なので、セブンイレブンでいつでも支払いができるのは大助かりですね。
 
3 セブンカードプラスの年会費が無料になる
年間5万円使わないと、会費500円がかかります。(初年度は無料です)チャージを11万円したことで、この条件がクリアされます。

-◇-◇-◇-◇-


カードを賢く利用するには、一つのカードに集約してすべてカード払いにすれば、ポイントがたまってお得です。

ただし、あさぎは、カードで支払うと現金を使っているという意識がなくなります。自分の頭の中で家計というお財布を想像してあといくら使える・ちょっと使いすぎたと調整しているのですが、カード払いになると、それが把握できなくなります。

コンビニに行く時は、お財布の中の現金を確認して買い物をしたい派です。1000円の買い物で10ポイント(10円)もらうより、コンビニに行く回数を減らす方があさぎにとっては節約になるように思います。

それでも額の大きな税金に関しては、ナナコカードで来年も支払って節約しようと思います。まだまだ節約方法がありそうです。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示