ホームダイエット中のおやつ ≫ ナチュラルローソン『ZEROノンシュガーチョコレート』のダイエット効果は?

ナチュラルローソン『ZEROノンシュガーチョコレート』のダイエット効果は?

ローソンチョコ 

ナチュラルローソンでノンシュガーチョコを見つけました。砂糖がゼロ?なら甘くないのでしょうか。

あさぎが判定しちゃいます。

スポンサーリンク

ZEROノンシュガーチョコレート

『スイートとビター、二層のチョコがなめらかに溶け合います。』
『砂糖0・糖類0。体にうれしい食物繊維1.7gを1袋で摂取できます。』

栄養成分(1袋26g当たり)

エネルギー 134kcal
たんぱく質 1.8g
脂質    11.3g
糖質    10g
食物繊維  1.7~2.7g
ナトリウム  4mg
糖類      0g
ショ糖     0g
乳糖      0g



あさぎの一言
ノンシュガー=人工甘味料ってことよね

ダイエット中に食べても大丈夫?

当ブログでは、ダイエット中に安心して食べられるか?という部分が大きな基準です。
それでは、判定してみますね。(★が多い方がgood)

ダイエット中のおやつを★で判定

○総カロリー ★★
○炭水化物  ★★
○味      ★☆
○食べごたえ   ★☆

合計 ★★★★★★☆☆  ★6つ

あさぎは、ビターが大好きなので、『ビター 』と書いてあると、つい食べたくなります。健康志向のナチュラルローソンから発売となると、期待大です。

カロリー・糖質ともに低いのは、嬉しいです。これで味もおいしければ、大満足ですよね。あさぎは、味と食べ応えで☆をマイナスしました。

マイナスした理由

ノンシュガーで甘いチョコということは、砂糖以外の甘味料を使用しているということです。
○ソルビトール
○アスパルテーム
○Lフェニルアラニン化合物
○アセスルファムk
といったものは、味にのっぺりとした特徴があり、何にでも合うとはいえずにあさぎはキライなんです。

今回のチョコも砂糖は使っていませんが、砂糖以外の甘味が使われています。
○マルチトール
○キシリトール
○アスパルテーム
○Lフェニルアラニン化合物
○スクラロース
これらが使われています。あさぎの苦手な種類と全く同じではないので微妙ですが、チョコと一緒になると、それほど人工甘味料独特の味がわからなくなっています。それでも、あまり深みのない味かなと思ったので、☆を1個マイナスしました。

人工甘味料の賛否は色々ありますが、あさぎは人工甘味料の味が苦手なので、できるだけ味を重視して選ぶようにしています。

もう一つ、食べ応えでも☆を1個マイナスしました。
味はそこそこおいしいのですが、1個が小さくてすぐに食べられてしまうので、チョコなのに、一気に食べてしまいそうになります。できれば、チョコは少しで満足できるものがいいなと思うのです。

良く似たチョコレート

脂肪と糖を抑えるチョコ
脂肪と糖の吸収を抑えるチョコ(LIBERA)
※食物繊維入り。
詳しくはコチラの記事→脂肪と糖の吸収を抑えるチョコのダイエット効果は

砂糖50オフチョコ
砂糖50%オフのチョコ(おいしいoff)
※砂糖の量が半分になっているが糖質量はそれほど低くはない
詳しくはコチラの記事→50%オフのチョコのダイエット効果は

cacaoくるみ
カカオの量が多くくるみ入り(Cacao×くるみ)
詳しくはコチラの記事→Cacao×くるみがダイエット中に嬉しい理由

最近、似たようなチョコがたくさん発売されています。カロリーを重視するのか・糖質を重視するのか・味を重視するのか、ダイエット効果も食べる人によって変わってきますね。

あさぎは、味もカロリーも重視するので、今回のチョコよりCacao70×くるみが一番のおススメです。あなたは、いかが?


関連記事

コメント













管理者にだけ表示