ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ 綾瀬はるかさんの綺麗の秘訣は「やせ習慣」~日経Healthより

綾瀬はるかさんの綺麗の秘訣は「やせ習慣」~日経Healthより

ゆりとバラ 

今が旬の女優の綾瀬はるかさん。ドラマにCMにと大活躍です。
そんな綾瀬はるかさんの健康的な美しさは、『やせ習慣』にあるというのです。
綺麗の秘訣が雑誌「日経Health」で紹介されていました。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

綾瀬はるかさんのやせ習慣
1 毎日体重を手帳に記録
2 毎朝白湯を飲み胃腸を目覚めさせ、その後に梅干しと生姜をいれた温かい飲み物を飲む
  菓子パンをやめてヨーグルトへ
  甘い物を食べ過ぎたら、夜の炭水化物で調整する
3 空き時間はジムで体を引き締める
(日経Healthより)

やっぱり体重の記録は大事ですね。あさぎも毎日朝のトイレの後に計って記録しています。
毎日計る体重がダイエットの最初の一歩

女優さんは、美しさが当たり前と思ってしまいますが、やはり体調管理を習慣化されているんですね。
今、朝の白湯を飲むということも話題になっています。寒い季節だからこそ、朝一番に体を温めることが効果的ですね。
きつくない糖質制限をされているのは、嬉しい驚きでした。

記事から、綾瀬はるかさんの良い意味での、ストレスのないダイエットが見えてきます。
○○は食べちゃダメとか、○kg増えたらダメ。
というような減点方式ではなく、「甘い物を食べ過ぎたら、夜の炭水化物で調整する」といった調節がいいなあと思うのです。

ダイエットは、ストレスがあるとうまくいきません。
【普通の生活=ダイエット生活】
これが大事だとあさぎは思います。

ダイエットの成功の近道は、続けること。
毎日の積み重ねがなりたい自分の姿に近づくんだと思いませんか?
40代後半からのダイエットは無理は禁物。
続けるためには、短期集中ではダメなのです。
あさぎも、今更年期障害対象年齢になってきました。
ちょっと頑張って動こうと思っても、めまいがしたりして自分も無理がきかない年齢になったんだなと実感しています。
気持ちだけは、まだまだ若いんですよ(^_^;)

そんなあさぎが実感しているのが、無理なく習慣とすることです。
記事の中にあった『太っているということは、太る生活習慣をしているということ。やせるためには一生続けられる無理のないものであることが大事』という言葉に大きくうなづきました。

記事の中で、「やせ体質」になるために、まず自分がどんな「太る体質」なのかを知ることが大事とあります。
5つの太る体質
①水太り体質(水をため込んで太る)
座ったままの姿勢が長い人や立ったままの仕事で脚がパンパンになる人。
対策:マッサージや入浴がおススメ。塩分のとりすぎやお酒の飲みすぎに注意。

②便太り体質(便秘で太る)
食事量が少なく野菜をあまり食べない人。ストレスをかかえていることも。
対策:腸を目覚めさせるレモン白湯やチアシードで腸を動かす。

③燃焼不足体質(基礎代謝の低下で太る)
ダイエットをくり返している人や運動をしない人。
対策:代謝を上げる生姜を利用する。お腹の筋肉を使う。

④よどみ太り体質(冷えで代謝が下がり太る)
手足が冷えている・デスクワークが多く猫背気味・肩が凝る人。
対策:温かな食材とこまめな背伸びがおススメ。

⑤ちょい食べ体質(ついついおやつを食べて太る)
会社の机にお菓子を置いている・気がつくと何か口にしている・甘いドリンクを良く飲む人。
対策:食事記録をつけて食生活を見直す。
(日経Healthより)

あさぎがあてはまるのは、④よどみ体質と⑤ちょい食べ体質。
うまいこと言いますねぇ。

寒くなってコタツでパソコンをしているので、どうも姿勢が悪く体のめぐりが悪くなる悪循環です。
そして、つい口さみしくなると何かたべたくなる悪習慣も・・・。

「ながら」や「ついで」が効果的とあったので、あさぎも考えました。
・椅子から立つ時に背のびをする。
・トイレに入ったら、必ずスクワット。

う~ん、体を動かすものばかりですが、まず背伸びを意識してやってみます。
あなたのやせ習慣は何ですか?


関連記事

コメント













管理者にだけ表示