ホームダイエット ≫ おせち料理を低カロリーにする5つの方法~実物写真つき

おせち料理を低カロリーにする5つの方法~実物写真つき

  おせち料理  

あさぎの仕事先でも、正月の2日間はおせち料理をお出しします。
あさぎも、1日は手伝ってきました。
いつもの3倍は動いたように思います。

おせちは、見た目が一番!
でもカロリーも糖質も高いんです。それをできるかぎり低く抑える方法と実際の低カロリーのおせちをご紹介します。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

おせち料理の一人分のカロリーって、どのくらい?
そう思って、調べてみました。
意外と、黒豆一人分とか伊達巻一人分という記述はあるのですが、一食分となるとなかなかありません。
健康おせち(13品目)という呼び名のもので、1000kcal超え!糖質も140g以上となっていました。

病院でのお食事は指示エネルギー量が決まっているので、おせち料理といえどもそこまでエネルギーをアップさせるわけにはいきません。
そこで、【おせち料理+お赤飯70g】で700kcalにおさえてみました。

どれも普通の味付けのものです。

おせち料理のカロリーを抑える5つの方法
1 1品の量を少な目にする
2 種類は9個まで
3 煮しめは野菜でも食べ過ぎないようにする(カロリーオーバーの原因)
4 一回に食べる量が甘味・酸味・塩味・醤油味となるようにとりあわせる(甘味ばかりにしない)
5 一回の食べる量を最初に決めておく

では、実際のおせち料理をごらんくださいね。
1月1日の昼食

おせち1
〇鶏の味噌マヨ焼
〇紅白柚子なます
〇栗きんとん
〇盛合せ(ごまめ・数の子・かまぼこ)
〇卵のオードブル
〇養老煮
〇炊き合わせ(くわい・梅花人参・絹さや)
〇ねりきり
〇黒豆
(※左上から時計まわり)
お赤飯70g

栄養価(1人分)

エネルギー703kcal・たんぱく質31.6g・脂質13.5g・塩分3.9g・糖質107.9g



1月1日の夕食


おせち2
〇ほうれん草の胡麻和え
〇牛肉の野菜巻き
〇もも缶詰(白桃・黄桃)
〇炊き合わせ(高野豆腐・亀人参・絹さや)
〇菊花かぶ
〇西京焼
〇昆布煮・梅花人参
〇花れんこん
〇白あんぷりん・苺のせ
(※左上から時計まわり)
ごはん70g

栄養価(1人分)

エネルギー483kcal・たんぱく質19.8g・脂質7.5g・塩分2.5g・糖質77.5g

-◇-◇-◇-◇-


いかがでしたか?
みなさんの食べたおせちの量と比較してみてくださいね。
ちなみに、昼夕ともにねりきり以外は手作りです。
夕食は、お味重視ですので、500kcal以下になっています。
でも、ちょっと地味になりましたね。
難しい~(^_^;)

食べ過ぎた方も、そうでない方も、今年もダイエット頑張っていきましょう!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示