ホーム管理栄養士の相談室 ≫ ノロウイルスかも?と思ったら~ダイエット中だからこそ大事なこと。

ノロウイルスかも?と思ったら~ダイエット中だからこそ大事なこと。

手洗い

ノロウイルスがはやっています。あなたの身近では、ありませんか?
12月9日放送の『ためしてガッテン』ではそれを受けてでしょうか、ノロウイルスの特集でした。
あさぎも仕事がら年末にかけて要注意期間になります。実際に症状が出たらどうしますか?

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

ためしてガッテンの内容を簡単にダイジェストしておきます。

◇ノロウイルスは口から入り、小腸で感染します。8時間で数十万倍に増えます。

◇ノロウイルスを99%破壊できると言われているのが、柿(渋柿)です。
タンニンがノロウイルスのたんぱく質に作用して固まってしまうそうです。

◇対策は15秒以上の手洗いと消毒です。
トイレのドアノブやスイッチを次亜塩素酸で消毒しておきます。
またトイレを使用後に流す時には蓋を締めておくことで菌の飛散が防げます。

◇予防効果のある食品に、牛乳やチーズがあります。乳製品の成分のラクトフェリンが腸に入るとバリアーのようになります。

今はノロウイルスとともに、感染性の下痢もはやっているようです。
ノロウイルスの潜伏期間は、24時間~48時間と言われています。


ノロウイルスの予防方法は

まず、自分の体調管理をしっかりすることが大事です。
ダイエット中は、特に免疫力が落ちていることがあるので、しっかりと睡眠・食事・休養をとることが大事です。

〇ちょっと体調がよくないかな?という程度の時から、早く寝ることを心がける。
〇食事は、消化の良いものを中心に、食欲があればしっかりと食べる。
〇免疫力を高めるビタミンAを多く含む人参やかぼちゃなども効果大です。
〇電車やバスに乗る時は、必ずマスクで予防する。


ノロウイルスにかかったら

〇まず、水分補給が大事です。
水だけだと、電解質のバランスが乱れてしまうので、イオン飲料を利用してください。
アクエリアス・ポカリスエット・ダカラ、OS-1など

〇嘔吐・下痢の症状のある間は、水分だけで様子をみる。
へたに食事をすると、さらに嘔吐の症状がでることもあります。

〇食べることができそうなら
消化の良い食事を少量から。おかゆや雑炊・うどんなどがおススメです。
この時期は、栄養もダイエットも忘れて、回復することを目的とします。

〇胃腸が弱っているときは
脂っこいもの・食物繊維の多いもの・辛いものは胃腸に負担をかけるので避けるようにします。


家族がノロウイルスかも?の対策

下痢と嘔吐が両方あれば、ノロウイルスを疑います。
家族に症状がでれば、同じ部屋にいないようにします。トイレの後は必ず手洗いと消毒が大事です。
嘔吐があった場合は、空気感染するのでマスクをして家庭用のハイターを上からふりかけるようにして、雑巾などでかぶせてしまいます。
後始末をするときも、マスクは必要ですし、素手で触った時は、必ず手洗いと消毒が大事です。
吐物からの空気感染が一番要注意です。

-◇-◇-◇-◇-

ノロウイルスのことをもっと知りたい人はコチラ→厚生労働省のノロウイルスに関するQ&A

実際にあさぎの仕事場でもノロウイルスの感染が確認されたことがあります。
調理作業をされている調理員さんが、下痢の症状があるからということで、検査をしていただくと、ノロウイルス陽性の結果となりました。もちろん、対象の方は出勤停止となります。
集団給食の現場では、一人でも保菌者がでると、施設全体に広がる可能性があります。

菌をもらわない
菌をうつさない
これが大事ですね。
あさぎも、マスク着用で、がんばります!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示