ホームよもやま話 ≫ 血圧が高めの方知っていてほしいこと~お塩の減らし方

血圧が高めの方知っていてほしいこと~お塩の減らし方

血圧が高いと言われたことのある方はおられると思います。
毎日の生活で気をつけていることはなんですか?

もちろん、運動や薬といった手段もとても大事です。
ここでは、食事という方法で知っておいてほしいことを書いています。

高血圧の食事療法には、
1 減塩
2 肥満の改善
3 野菜の摂取


この3つが大事です

なぜお塩が血圧をあげるのか
こちらの記事を読んでください

減塩のための方法は
おいしい減塩方法

今回は、実際の食事を見てみたいと思います


ランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


続きはこちら

スポンサーリンク

実際のお食事です。
朝食
お粥220g・卵焼き・いんげんの胡麻和え・大豆煮・味噌汁・フルーツ)
IMG_2038.jpg    IMG_2040.jpg

昼食
ごはん140g・赤魚の利休焼・ごぼうのサラダ(マヨネーズ)・味噌汁・漬物)
IMG_2032.jpg     IMG_2031.jpg

夕食
(ごはん140g・ハンバーグ・付け合せ人参・白才のサラダ(ノンオイルドレッシング)味噌汁)
IMG_2057.jpg     IMG_2058.jpg

これは、ある日の病院給食の一日分の食事です。
左(上)が普通の食事。
右(下)が塩分を控えた食事です。
何が違うかわかりますか?

まず、汁物が一日3回から1回になっています。
これで、塩分が2.6gマイナス
そして、昼ごはんの漬物。これで0.3gマイナス
汁物と漬物だけで2.9g
ほぼ3gの塩分ダウンです。
心臓病や腎臓病の方は、もう少し塩分を減らす必要がありますが、それ以外の方はこれだけで十分減塩効果があります。

この朝・昼・夕の食事で1300kcal程度です。
塩分は、7g程度です。
いつものご家庭の食事と比べていかがでしょう。
ちょっと質素でしょうか(笑)
品数が増えれば、塩分も上がります。
この加減が難しいところです。

自分の必要カロリーを知っていれば、この食事に何をたせばいいか、わかります。

必要カロリーの出し方はコチラの記事を
自分の必要カロリーを知る方法

食事をもう少し豪華にしたい方は、夕食にもう一品追加してもOKです。
自分はおやつがやめられないから・・・と言う方は、おやつに200kcal程度までのものを選びます。

皆さまのお食事はいかがでしょうか。






実は、私もおうちごはんの参考にしているんです


おうちごはん ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
塩分は気にしないけど血圧は気になるという方、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>



関連記事

コメント













管理者にだけ表示