ホーム高血圧 ≫ 血圧が高めの方知っていてほしいこと~おいしい減塩方法

血圧が高めの方知っていてほしいこと~おいしい減塩方法

a0002_008697.jpg


血圧が高いので気をつけてねと言われても、何に気をつければいいのか
漠然としてわかりにくい部分もあります。

どうして、お塩で血圧があがるのかはこちらの記事
血圧が高いと言われた方が知ってほしいこと

高血圧の対応は減塩と肥満改善・野菜をしっかりとる。
では、実際にどうやってお塩を減らす(減塩)のか。

まだ薬を飲むほどではないけどという方は

①汁椀を小ぶりの物にかえて具だくさんの汁にしてください。
これだけで塩分が0.5gは下がります。一日3杯飲んでいる方なら1.5gは減る計算になります。

②加工食品や練り製品を控えます。
ハム一枚に塩分0.6g・ちくわ1本2.4g含まれます。

③うどん・そば・ラーメンといった麺類の汁は残すようにします
うどん1杯6g汁を残すだけでも減塩効果大です

日本人の塩分摂取量は平均一日11g~12g
1日の塩分摂取の目標値は、男性10g未満、女性8g未満
要注意の方は、7g程度にしてほしいなと思います。
心臓病や腎臓病の場合は、塩分6g未満となるので、医師と相談する必要があります。


ランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


続きはこちら

スポンサーリンク

高血圧・心臓病・糖尿病どれも塩分制限が必要です。
献立をたてる時も、塩分の計算は必須です。
この時、調理に使う調味料の塩分だけでなく、食品に含まれている塩分も計算に含めます。

何気なく食べているもので、塩分の多いものは
食パン・麺類・ハム・ソーセージ・ちくわ(練り製品)・漬物
こんなものが、以外と塩分が多くて驚きます。

減塩のために、味噌汁を薄めて飲んでいるという話を聞くことがあります。
私の考え方は、汁物はおいしくいただきたい。
なので、おいしい味の味噌汁にたくさん野菜を入れて、具だくさんの汁にする。
汁椀を小ぶりの物にする。をおススメしています。

塩分を体に取り込むのを減らすために、
 ●汁物を一日一杯にする
 ●漬物は、控える
 ●加工品は避ける
 ●麺類は1週間に一回以下にする
 ●麺類の汁は残すようにする


そして、減塩の料理をおいしくいただくために
 ○素材の味を生かすためにだしをしっかりとる
    カツオや昆布など天然のだしを濃いめにとってください。
 ○一食の中で一品は普通の味にする
 ○香味野菜(ネギ・大葉・生姜・レモン・柚子など)を上手に使う
 ○焦げ目を利用して香ばしさも味付けに加える
 ○魚などは、新鮮な物を使用する。

濃い味は、ごはんがすすみます。
適量でとどめるためにも、減塩をこころがけてくださいね。




実は、私もおうちごはんの参考にしているんです


おうちごはん ブログランキングへ


ランキングに参加しています。
血圧気になるわぁ~という方、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>



関連記事

コメント













管理者にだけ表示