ホームダイエット ≫ 必見!糖質制限ダイエットを簡単に続けるための大事な方法~何から食べる?

必見!糖質制限ダイエットを簡単に続けるための大事な方法~何から食べる?

   バイキング 

糖質制限ダイエットを実践されている方は、主食をぬくか減らしていると思います。
あさぎも、ごはんは毎食食べますが一回量を70gに減らしています。
見た目には、とってもちょっぴり。
でも、このちょっぴりのご飯でも十分満足して食べることができます。そのために大事なのが食べる順番なんです。
今日はその方法をお話します。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

糖質制限を簡単に続ける方法

1 最初はりんごを1/4個
2 次は野菜と植物性のたんぱく質(豆腐などの大豆製品)
3 動物性たんぱく質と芋類
4 ごはん

この順番で食べるようにしています。
詳しく見てみますね。

1 最初はりんご
果物って最後のデザートと思われていることが多いですが、あえてリンゴを最初に食べます。
りんごは噛む果物で体内の排泄機能をよくしてくれます。なので、ここはりんご限定です。
くわしくはコチラの記事⇒りんごを毎日食べるのは何故だと思いますか?

まずリンゴを食べて空腹感をおさえます。この時、よく噛んでゆっくりといただきます。
お腹がすきすぎていると、勢いで食べて食べすぎるということありますよね。
そうさせないためのリンゴなので、食後ではNG。最後に食べると脂肪に代わってしまうので要注意です。

2 野菜
野菜の食物繊維が炭水化物や脂質の吸収をゆっくりにしてくれます。そのため、血糖値をゆるやかにあげる効果が期待できます。
また、空腹感がここでいったんおさまるのは経験済みです。
そして、大豆製品である豆腐や大豆をいただきます。

ここまでくると、だいぶ空腹感が収まってきます。

3 肉や魚といったメインはこのあたりで。
メイン料理の肉や魚は、野菜を食べてからいただきます。野菜を全部食べきらなくてもOKですが、最初に箸をつけるのは野菜です。
ただし、野菜に含まれるじゃが芋やさつま芋・かぼちゃなどを食べる時はメインと一緒にどうぞ。でもできるだけ芋類は少しにしましょうね。

4 最後の〆にごはんをいただきます。
料亭で最後にお茶漬けがでてくるのと同じですね。
この時点でほぼお腹はいっぱいになっています。
でも、大事な糖質源としてごはんをゆっくりと最後にいただきます。
実際のごはんはこれくらい

あさぎの小さい頃は、三角食べが推奨されていました。
ごはん→おかず→ごはん→おかず→ごはん

というように、常にごはんに戻って口の中をもとに戻しておくという感じでしょうか。
そしてこの食べ方で、最後にすべてが同時になくなるようにと言われてきました。

ただし、糖質制限をする場合は、圧倒的にご飯がたりなくなります。
なので、ちょっとお行儀的にははずれるかもしれませんが、ごはんは一番最後までとっておいて、最後に少量(自分の体で処理できる分だけ)いただくようにします。

食べ順ダイエットで言われているような、順番を変えるだけでダイエットになるとは思いません。糖質を制限しても無理なくおいしくいただくために食べる順番が大事だと思うのです。

ダイエットは、生活の一部にすることが大事です。一生続けるのですからね。
そのために現在食べる量が多い場合には、腹八分目が第一歩です。

腹八分目とは、お腹いっぱいではないけど、今食べるのをやめてもいいかなと思える量。
無理やり量を減らすのではなく、時間をかけてゆっくり噛んで食べることが大事です。そのために1品料理でなく一汁三菜。
ゆっくり噛んで食べるために野菜は大き目に切って料理して食べる。

こんなことも、意外と大事なことかもしれません。
ぜひ、糖質制限を簡単に続けるための食べる順番、実践してみてくださいね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示