ホーム糖質制限 ≫ 知らないと危険!40代50代から糖質制限を上手に続けるためのポイント

知らないと危険!40代50代から糖質制限を上手に続けるためのポイント

  ごはん  

『糖質制限ってやってみたいんだけど、ごはんを食べないんだよね。栄養的に大丈夫なの?』
こんな質問をもらいました。あさぎと同年代の40代後半の友人です。

40代50代は、「なかなかやせない、でも健康面でも見た目でもダイエットが必要」というちょっと難しい年代です。
そのため焦って短期間でやせようとすると、体調不良を起こす原因にもなります。だからこそ、ダイエットをする時に忘れてはいけない大事なポイントをお伝えしていきますね。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

40代50代の糖質制限は、自分が一生続けられるかどうかです。
この年代になると、ダイエットしてもなかなか体重がへらないけど、食べるとすぐ増えると実感します。

一大決心をして「糖質制限でごはん抜き」を始めたはいいけれど、ある程度成果が出て「辛いからやっぱりやめた」とごはんを食べ始めると、以前よりも太りやすくなっているという事態が起こりやすいのです。
これでは、せっかくのダイエットも意味なしになってしまいます。


ごはんを一生食べなくても平気ですか?

主食を一度やめて又食べるようになると、確実にリバウンドしてしまいます。
「糖質制限でやせた!」という方は多いです。それだけ効果の出やすいダイエットであることは間違いありません。
でも、同じくらい「続かなかった」という方もいます。いつも口にしている「主食」を抜くって、それだけハードルが高いということ。

極端な糖質制限は、続かない人も多いです。
たとえば、1週間だけごはんをぬいて、体重が落ちたけど元通りに食べるようになったらリバウンドしたというのは、よく聞く話です。
この時に増えた体重は脂肪の重さです。これをくり返すと、体脂肪ばかり増えてしまいさらにやせにくくなり、健康にも悪影響が出てきます。
そうさせないためにも、無理なく一生続けることが大事なのです。


体重が減っても、栄養失調?

もう1つ、ダイエット目的で糖質制限をする場合、気をつけたいことがあります。それは、ごはんを減らすと、1日の摂取エネルギーが相当減ってしまうということ。
たとえば、普通に3食ごはんを食べていてそこからご飯をぬいてしまうと、おおよそ1000kcal程度になってしまいます。
これって、寝たきりの老人と同じくらいのエネルギー量です。
一般的な40代50代の女性に必要な1日のエネルギー量は1600kcal。そのおよそ60%しか満たせないわけですね。
体重が減ったけど、寝たきりになったでは、シャレにもなりません。

たしかに、ダイエット目的で、糖質制限をする場合、ごはんを減らすだけでもかなりのエネルギー低下になるので、ダイエット効果が表れるのは早いです。そこが糖質制限の魅力で、実践したいと思う人が後を絶たない理由ともいえます。

ただし、急激にやせられる方法は、やはり体にとって負担が大きいもの。糖質制限ダイエットには、そんな「落とし穴」もあることを、知っておいて欲しいと思います。

そのほかにも、ココに注意という点をまとめた記事です。実践前に、ぜひ読んでおいて下さいね。
糖質制限ダイエットの落とし穴に落ちちゃったら
糖質制限ダイエットの食べ過ぎという落とし穴


いくら取り除こうと思っても、食事を口にする以上、糖質は、ゼロにすることはできません。また、体にとって糖質は必要なものであるとあさぎは考えています。
糖の代謝によって熱産生がおこなわれ体温保持など、ヒトが生きていくうえで必要な働きの一端を担っているのが糖質だと思うのです。

勉強されている方は、こう考えるかもしれません。
『糖新生で補うから大丈夫』と。
糖新生とは、血中のブドウ糖量が低下したときに、肝臓でブドウ糖を作り出す仕組みのこと。
でも、それは体の緊急事態のための機能です。
そこまで、体に無理をかけて40代50代の体がうまく働くでしょうか。
20・30代とは違うことを毎日実感しているあさぎは、ついそう思ってしまうんです。

念願通りやせることはできても、体のどこかに不調が出たり、いつも倦怠感があったり、気持ちが冴えなかったりしたら、そのダイエットは「適切」だとは言えないのではないでしょうか。


40代以降で、上手に糖質制限をしている人の共通点

糖質制限が話題になり、それを実践されている方もふえています。
ブログで体験や、レシピを紹介している方も大勢います。そうした記事を見ていると、上手に糖質制限している方にはいくつか共通点があることに気づきました。
◇主食をぬいていても、品数が多い。
◇彩りがいい
◇無理はせず、たまには自分へのご褒美もある。

栄養バランスに気を遣い、「いかにもダイエット食」のような見た目にしない工夫で、食の楽しみを演出しているのですね。
そして、一番大事なのは「無理をしない」こと。
とくに、女性はいくつになっても甘いものに目がありません。男性なら、晩酌の一杯が息抜きになることもあるでしょう。
そうした「ごほうび」をたまに許しつつ、ゆるやかな糖質制限をしていく。
これが「続ける秘訣」と言えるでしょう。
あさぎも、見習わないといけません。


自分に必要な「糖質の量」を見極める

一億総グルメとの言える時代、まわりをみまわすと糖質製品が多すぎるのが現状です。
食べ物がそこにあれば「腹八分目」ではやめられず、食べ過ぎて、肥満になっているという人も多いでしょう。

ダイエットするには、とても難しい環境と言えます。
一年中・24時間なんでも、買うことのできるコンビニやスーパーが近所にあれば、「我慢しよう」という環境にもなりにくいですよね。
「食べたい」と思ったら、欲望のまま手に入ってしまうのです。
「もう食べ過ぎだからあなたの体には、これくらいの量にしときなさいよ」とはだれも言ってくれないんですよね。
なので、自分の体にとって必要な糖質の量を見極める目が大事な時代といえます。

40代50代は、基礎代謝がおち、運動量もへってきます。又ホルモンのバランスも変化するのがこの年代です。
繰り返しますが、若い頃と同じつもりでダイエットをするのは危険と心得て下さい。それは、糖質制限に限らず、どんなダイエットでも同じです。
自分の体の声を聞きながら、ゆるやかに体重を落としていくように、頑張っていきましょう。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示