ホームあさぎ式ダイエット ≫ これが大事!アラフィフあさぎのダイエットの3つの秘訣~クモ膜下出血からわかったこと

これが大事!アラフィフあさぎのダイエットの3つの秘訣~クモ膜下出血からわかったこと

 aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s.jpg  

20代と50代のダイエットは、同じだと思いますか?
年齢が高くなればなるほど、ダイエットは難しくなります。

世間で言われているダイエットも、あさぎのようなアラフィフになると、あわないことも多くなってきます。
ダイエットを実践する中で大事にしていることを今日は、まとめてみました。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

一か月に3キロやせる?
そんな急激な減量は、50代のあさぎには無理です。たおれちゃいます。

40代以降になると、体が急激な変化についていけなくなります。
なので、減量はせめて一か月一キロくらいにしたいです。
50代のあさぎには、体に害のないダイエットが一番。

あさぎのダイエットで大事なことは、3つ

①自分の体で使い切ることのできる分だけ食べる
②一つのものばかり食べない
③一生続けることのできる方法を習慣として身につける

  • どんなによいダイエット方法でも、ずっと続けることができないと意味がありません。
○お金がかかる方法
○同じものを食べてあきる
○好きなものをガマンしてストレスになる
こんな要因があれば、続けることができません。

もちろん、どの方法も実際にやってみないとわかりません。
一つのダイエット方法で効果があっても、万人に効果があるとは言えないのがダイエットの難しさです。

特に女性は40代以降になるとお子さんのいる場合は特に生活環境がかわります。
子どもへの世話が肉体的な援助から精神的な援助へと変わっていきます。
動く量がダントツに減ると思いませんか?でも食べることは増えていく。
こう書いていると、本当に太りやすい時期です。

あさぎは、今から4年前にクモ膜下出血でたおれました。太っていることが引き金の一つだったと今では確信しています。
おかげさまで、後遺症も何もなく退院することができました。

この時、1か月の入院で6㎏減りました。ただし、絶食で絶対安静での結果です。
その結果、筋肉がおちて代謝もガクンと落ちたように思います。
無理な減量はいけないですが、太りすぎは健康に影響します。

今健康番組がたくさんあります。
○○を食べるダイエット
○○が認知症にいい
○○を制限する
どれも、テレビで放送されると、良いように見えます。
でも、自分の体を壊してまでするのはダイエットとはいえません。

今ダイエット方法は、星屑のごとくあります。
なるほど~と思うものから、そんなことしていたら病気になるぞと思うものまで。
あさぎは、テレビ・雑誌・本といろいろな方面にアンテナを伸ばして、情報をキャッチするようにしています。

少しずつ年齢にあったダイエットを続けていければ嬉しいですね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示