ホームダイエット ≫ 取扱い注意!ダイエットの失敗は、人工甘味料のせいかもしれない。

取扱い注意!ダイエットの失敗は、人工甘味料のせいかもしれない。

  36405dd92c5edeb05dd99c1df663115e_s.jpg  

このブログでも、おやつの紹介をしています。
ダイエットといえば、カロリーの低いおやつなら大丈夫とつい思ってしまいます。
でも、本当にそう思います?

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 ダイエットブログ 主婦のダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

スポンサーリンク

ダイエットを成功させるには、おやつは大敵。
おやつ断ちをするべき。
そう考えるのも正解。

でも、あさぎのようにおやつが好きで意志が弱いと、ついつい誘惑にまけて食べてしまうんです。
一度食べると、ダイエットは失敗ですか?

ダイエットはしたいけど、甘いものも食べたい!
甘いものが好きだから太ったともいえます。
ならば、甘い物でカロリーのないものならいいんじゃない?

これは正解でしょうか?

今、コンビニでも「カロリーゼロ」とか、「低カロリー」とかの謳い文句のお菓子がたくさんあります。
こういったものに必ずはいっているのがコレ↓
ソルビトール
アスパルテーム
Lフェニルアラニン化合物
アセスルファムK

でも、ちょっと待った。
カロリーがなければ甘いものOKという考え方がダイエットの邪魔をしているのです。

砂糖の甘さの数百倍という人工甘味料。
少量で甘味がでるので使用料が少なくなりエネルギーも低くなります。
カロリーも低いし甘いものが食べられるならいいじゃんと思います?

でも、あさぎはこの人工甘味料は賛成できないのです。

今日も、仕事終わりにお腹がすいてきました。
ここで、おやつを食べるとカロリーオーバー。
人工甘味料のおやつならカロリーはほとんどなし。
でも、不思議なことに人工甘味料の飴を食べると、空腹感が消えるのです。

これって、いいことでしょうか?
おやつをガマンできるという意味ではいいことですが、結局は食欲がなくなるのです。
育ちざかりの子どもたちにとっては、いいこととも言えないように思います。

そして、もう一つ。
人工甘味料に慣れると、甘味にも慣れるのです。
すると、最初は人工甘味料で我慢できていても、砂糖の甘味に戻ってしまうことが多いのです。

さらにもう一つ。体内の酵素系に負担をかけ水分の停滞を招くためむくみの原因となります。

人工甘味料は、まだまだ新しい食品です。
これから私たちの孫の代くらいになって、やっとその是非が明らかになるかもしれません。
こればかりを利用するのでなく、状況にあわせて上手に利用したいですね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示