ホーム大人の食育 ≫ 人工甘味料って魔法の食品?

人工甘味料って魔法の食品?

EFL_jellybeanshana500.jpg

以前は、甘味といえば砂糖や果物でした。
今は、人工甘味料といわれるものがでまわってきました。
同じ量(エネルギー)で甘さが倍になる
同じ甘さでエネルギーが半分
ダイエットをされている方には、うれしいことです。
ただ、この人工甘味料も人体における影響がまだまだ未知のものが多いようです。


高齢の母が、
『ソルビットとソルビトールはどっちが添加物なん?』
と聞いてきました。

私の答えは、どちらも人工甘味料です。
甘い和菓子が好きな母は、お団子にこの物質が入っていると買わないそうです。
和菓子の柔らかさを保つために使われているのですね。
確かに、手作りの和菓子には入れませんものね。


アスパルテームという人工甘味料が巷で噂になっています。
砂糖の200倍の甘さでカロリーはなしというふれこみですが、副作用もチラホラ耳にします。
真偽のほどは、まだまだ先になりそうです

砂糖の甘さと人口甘味料の甘さ。
私は、なんとなく人工甘味料はべたっとした甘さに感じます。
そうはいっても、スーパーで売っているものにはたくさん入っています。
私も、絶対食べないと決めているわけではありません
たまにスーパーの100円のお団子なんか買っています。
きっとソルビット、入ってますよね。

人工甘味料が絶対いけないとまではいえませんが、それを毎日摂ることはさけたいものです。

前回の記事にも書きましたが、よい物と悪いものの区別の難しい食環境です。自衛手段として、いろいろなものをまんべんなく食べる。これがいいなと思うのです。
前回の記事 食べ続けることの弊害






ランキングに参加しています。
ポチっと押していただけると、更新の励みになります。
訪問ありがとうございました<(_ _)>
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


関連記事

コメント













管理者にだけ表示