ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ 発見!『やせない食生活チェック』をやってみたら~雑誌FYTTEより

発見!『やせない食生活チェック』をやってみたら~雑誌FYTTEより

   fda50a847ae41b0a2cf7f8d20267f76e_s.jpg 

雑誌FYTTEの記事「運動ゼロ!食べてやせる」を紹介しています。

1 やせる食べ方
やせる食べ方の記事はコチラ

2 やせるカギを握る食べ物
やせる食べ物はコチラ

3 やせない食生活チェック

今日は、3つ目のやせない食生活チェックのご紹介です。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

雑誌FYTTEで紹介されていたフィットネストレーナーの森拓郎さん監修の記事です。
どんな内容だったのか、簡単にご紹介しますね。

やせない理由は人それぞれ。『太る食べグセ』に着目すると4つのタイプに分かれるそうです。
  • Aタイプ
□朝は菓子パン
□ハムやソーセージを良く食べる
□昼はコンビニ弁当中心
□即席めんなどのジャンクフードが好き
□外食が多い
□濃い味付けが好き
□甘いチョコレートが好き
□麺類やどんぶりものが多い


  • Bタイプ
□朝は食べない
□食べる量は少な目にしている
□春雨ヌードルやサラダですませる
□「減塩」や「カロリー」表示ばかり見て買い物をする
□野菜中心にして過食予防している
□糖質を減らしている
□食べることが楽しく感じない
□油を使う料理はさける


  • Cタイプ
□夜ご飯は21時以降
□ほぼ毎日飲酒している
□昼はコンビニのパンやおにぎりで済ませることが多い
□ストレスがたまるとやけ食いしがち
□夜はコンビニ弁当やカップめんをメインにしている
□夜遅くなっても必ず炭水化物はとる
□どんぶり物・めん類・パン類をよく食べる


  • D タイプ
□できるだけ短時間にやせたい
□運動した分大目に食べてもいいと思う
□筋トレで代謝アップをさせようと思う
□ダイエットのために運動してカロリーで食事を決める
□フィットネスクラブに入会しても続かない
□デザートまでが食事だ
□運動してやせてもすぐリバウンドする
□運動後のラーメンがやめられない


あてはまった項目の一番多いのがあなたのタイプ

  • Aが多かった→【外食ばかりタイプ】
このタイプの太る理油は外食&加工品過多で栄養不足&食べ過ぎが原因。
作り置きか定食スタイルに。

  • Bが多かった→【常にダイエッタータイプ】
このタイプの太る理由はダイエット食による代謝ダウンが原因
体脂肪燃やすたんぱく質を意識して摂る。

  • Cが多かった→【主食過多タイプ】
このタイプの太る理由は、常に主食メインの手軽なものを食べるのが原因。
たんぱく質を重視し21時以降は炭水化物をぬく。

  • Dが多かった→【運動でやせないタイプ】
このタイプの太る理由は、運動以上にカロリー摂取しているのが原因。
運動後も適量をキープする。運動をしたからたくさん食べてもいいはNG

(※FYTTEの記事より引用)

今日のあさぎの一言
いろんなタイプの人がいるからやせる方法も色々あって正解。

このチェックシート、なかなか面白いと思いません?
一つや二つは誰でもあてはまりますよね。
でも、それが一か所に集中しているとなると、やっぱり『太りやすいクセ』かもしれないです。

あさぎは、どちらかといえば、Bタイプでしょうか。
□朝は食べない
☑食べる量は少な目にしている
□春雨ヌードルやサラダですませる
☑「減塩」や「カロリー」表示ばかり見て買い物をする
☑野菜中心にして過食予防している
☑糖質を減らしている
□食べることが楽しく感じない
□油を使う料理はさける

他のチェック項目を含めても、この4つだけはあてはまっています。
まあ、半分は仕事がらというのもありますけどね。
あさぎの、今の課題は、運動とおやつのセーブ。
このBタイプって、ダイエットでへらしすぎちゃう人があてはまるようです。
でもあさぎは、おやつも食べるし、時々はおいしいものも食べちゃうので、フラフラしてしんどいなんてことは、全然ありません。食いしん坊だから(笑)

糖質制限・脂質制限・カロリー制限
どれも制限という名前のつくものは、個人の感覚で制限しすぎたり、ゆるすぎたりという問題がおこります。
自分はこれくらい減らしているのに、体重は減らないという経験ありませんか?

あさぎも、摂りすぎないように、必要なものは減らしすぎないようにと考えて食事をします。
それでも、40代以降は体重がへらなくなってきたなと思います。

女性の40代は、仕事に忙しかったり子育てに忙しかったりと自分の身体に意識をむけにくい要因がたくさんあります。
でも、どんなに忙しくても自分の身体は自分でみてやらないとだれのせいにもできません。
40代からは、自分のための時間を作ることもできるようになります。
その時に、病院通いなんてことにならないためにも、しっかり健康な身体を手にいれたいですね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示