ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ オススメ!『運動ゼロ!食事だけでやせる方法』は、意外とつかえる方法でした~雑誌『FYTTE』より紹介。

オススメ!『運動ゼロ!食事だけでやせる方法』は、意外とつかえる方法でした~雑誌『FYTTE』より紹介。

  ダイエット  

FYTTEという雑誌を本屋でみかけ、パラパラとみていると、なかなかおもしろいダイエット記事がありました。
【運動ゼロ!食事だけでやせる!】
う~ん、素敵な言葉ですね。
あさぎも、ついつい惹かれて読んでみました。

フィットネストレーナーの森拓郎さん監修のダイエット記事、なかなかよさそうです。
今日は、そのお話。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

雑誌【FYTTE】に掲載されていた森拓郎さんのダイエット記事。
「高たんぱく低糖質」ということで、糖質制限にも通じるものがあるのでご紹介しますね。

記事は、大きくわけて3つ
1やせる食べ方
2やせるカギを握る食べ物
3やせない食べグセをチェック

まずは、やせる食べ方。
1 食事は制限ではなく改善するもの
2 食に対するストレスがなくなることがゴール
3 炭水化物は量と質に注意
4 発酵食品と食物繊維で元気な腸をつくる
5 原型のわかるものを食べ正常な食欲をとりもどす
6 手のひらを使って適量を把握する

あさぎの今日の一言
本当に食事だけでやせるには、もう一段ハードルがあるけど無理じゃない

ここからは、記事の項目にあさぎの考えを書いてみます。
(見出しの中の文章は記事より引用)

1 食事は制限ではなく改善するもの


これはあさぎも賛成です。
ダイエットは多少無理してでも頑張るという方が多いです。
しかし、無理は続きませんし、途中でやめるとリバウンドになり食べ過ぎより怖い結果となってしまいます。
このダイエット方法は、一生続けられるだろうか?
そう自分に聞いてやってほしいなと思います。

あさぎは、年齢とともに動く量が減ってくることから、食事の量もコンパクトにするようにしています。
量をへらすことも必要ですが、一つのものを減らすより、全体を減らして濃縮させた形が40代からのダイエットには大事です。
(もちろん今までと同じ量を食べたければ今まで以上の運動が必要)

2 食に対するストレスがなくなることがゴール
『我慢しなくても太りやすい食べ物を欲しなくなり、体にいいものを積極的にとるようになる。食への満足度が高い状態がゴール』


ダイエットとは、自分の体にとって多すぎるものを減らすことだと思うのです。
きちんとした食事を食べていれば、本来おやつもそれほど欲しなくなります。
今自分が食べているものは、本当に食べたくて食べているのか。そう自分に聞いてやることも大事です。
やけ食いをする人は、その大もとのストレスを解消することがまず第一ですね。

3 炭水化物は量と質に注意
『極端な糖質制限はストレスがたまり、ドカ食いを招いてリバウンドするはめに。糖質はカットするものではなく、とりすぎないこと。GI値の低い炭水化物を選んで上手に利用する』


色々と考えながら選びながら食べるなんてめんどくさい。
そう考えた時に、全部食べないか全部食べるか極端な方法になりやすいです。
しかし、自分の体の代謝とあったものを選ぶ目がこれからのダイエットには一番大事です。

あさぎは、普段白米をお茶碗の1/2程度で食べます。
しかし、本当は発芽玄米が良いと教えてもらいました。
確かに栄養的にもすぐれていますし、濃縮コンパクト型のお米です。
ただ、炊く時に入れるというひと手間ができなくて、今は使っていません。また使うことも考えようかな。

4 発酵食品と食物繊維で元気な腸をつくる


今腸内環境(腸内フローラ)という言葉が大きくとりあげられています。
その腸内環境に良いのが発酵食品です。昔から日本人の食べてきた味噌や納豆が本当に体に良い日本人にむいている食材ということが証明されてきたということですね。
腸内フローラの記事はコチラ→話題の腸内フローラ、善玉菌はこうして増やす
一日に一回は味噌を食べるようにしたいです。

5 原型のわかるものを食べ正常な食欲をとりもどす


原型というのは、原材料のわかるものということだそうです。
加工食品が多く出回り便利になってきています。そのかわり、食品添加物の増加もみすごせない状態になっています。
便利さと安全性を両方手に入れるためには、買う私たちが知識をもつことが大事になってきました。

6 手のひらを使って適量を把握する


肉や魚などの量を手のひらを基準に把握する方法を推奨されています。
普通の量を食べるといっても、普通のつもりでお肉が300gという方もいれば、普通は50gという方も。自分の手のひらをスケールに使うという方法はなかなか良い方法かなと思います。
あさぎは、家の台所にキッチンばかりがレンジの横に置いてあります。
毎日なんでもはかる習慣がつけば、おのずと知識もふえていきます。
あなたに合った方法は何ですか?

今回の記事は、『運動しなくてもやせる』というキャッチフレーズです。
でも、記事は運動を中心にされている方が書いています。そのあたりのギャップは良いのだろうかとつい思ってしまいます。
特に目を引く項目はないかもしれませんが、意外とこれが本当に必要なダイエットを始める時に大事なことなのかなと思います。

続きの2項目はまた後日。
 2 やせるカギを握る食べ物
 3 やせない食べグセをチェック


関連記事

コメント













管理者にだけ表示