ホーム糖質制限 ≫ 糖質制限ダイエット中にこそ朝食が大事な4つの理由とは?

糖質制限ダイエット中にこそ朝食が大事な4つの理由とは?

  c760e1d7d4af71075974208397cdbdb6_s.jpg  

あなたは、朝ごはんを食べますか?

ダイエット中だから食べない。
お腹がすかないからたべない。
そういう声も良く聞きます。

本当に大丈夫?
あさぎは、朝はしっかり食べる派です。
どうしてそうなったのか?それには、こんな理由があるんです。
今日は朝ごはんのお話。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

朝食のスタイルは色々あります。
朝は、忙しいから食べないという方
コーヒーだけという方
いやいやがっつり食べるという方
あなたは、どれでしょうか?

朝ごはんは食べたほうがいいという説があります。
あさぎは、これに賛成です

朝ごはんを勧める4つの理由
1 便秘の解消
2 朝ごはんをぬくと基礎代謝がさがる
3 体内時計の正常化
4 朝食をぬくと、栄養不足の時間が長くなり、次の食事の吸収力があがる

あさぎの今日の一言

朝食をぬいては、いけない

朝食は、一日の始まりのスイッチの役目をしています。
朝日をあびて、朝食を食べることで、「さあ、これから始めるぞ」と体に指令をだすのです。

朝食を勧める4つの理由を説明しますね。
①便秘の解消

朝食を食べてトイレに行くという習慣が排便を促します。
食べる量が少なくては、便の素材となるものも少ないため、便秘になりがちです。
そんな方は、特に朝食を食べて、朝トイレに行くことを習慣化してください。
出そうになくてもいいんです。とにかく朝はトイレに行く。ここからです。
朝食を食べることで、腸が動きだすことになり、排便も促されるのです。

②朝ごはんをぬくと基礎代謝がさがる

代謝は、食事をして食物が体の中に吸収されることではじまります。
年齢とともに、代謝が悪くなります。食事を食べてしっかりと体の中で使えるように動かしましょう。

③ 体内時計の正常化

朝日をあびて食事を摂るとこで、体内時計の修正ができる

④ 朝食をぬくと、栄養不足の時間が長くなり、次の食事の吸収力があがってしまいます。

夕食を20時に食べたとします。翌朝7時に朝食を食べるまで11時間。
朝食を抜いてしまうと、お昼ごはんまでさらに5時間。合計16時間の間、栄養が入ってこない状態となります。
すると、体は飢餓状態と判断して、昼食を脂肪として貯め込むように働きます。

こんなふうに、ぜひ朝は食べてほしいのです。
でも、やっぱり朝は忙しくてと言う方におススメしたのは、朝食を決めておくという方法
メタボ外来の黄金ルールにもありました。
朝食は毎日同じものでいい。

あさぎは、これに賛成です。
朝は、一日のはじまりとしてしっかりと食べたいと思います。
でも、忙しい。
なので、毎日メニューを決めておけば、気持ちも楽です。

あさぎの朝食メニューは、5品(350kcal・糖質36.2g)
朝食

①りんご1/4個
②脂肪燃焼スープ(作り置き)
③卵料理(炒り卵か目玉焼きかチーズ)
④ブラックコーヒー
⑤食パン6枚切1枚
10分もあれば、すぐに出来上がりです。

同じメニューで、ローソンのブランパンを使ったメニュー(400kcal・糖質17.2g)
ブランブレッドで朝食

和風メニュー(356kcal・糖質47.0g)
和朝食

おかゆ
炒り卵
ひじきのサラダ
豆腐の味噌汁

おいしく、朝ご飯が食べることのできる健康を目指して、がんばります!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示