ホーム糖質制限 ≫ 糖質制限ダイエット中に、夏バテしないための6つの食習慣~エアコンと上手につきあう方法

糖質制限ダイエット中に、夏バテしないための6つの食習慣~エアコンと上手につきあう方法

 しょうが紅茶 

急に暑さがやってきました。
みなさん、夏は得意ですか?
中には、暑さが苦手で、早く夏が終わってほしいなんていう方もいるかもしれません。

暑い夏といえば熱中症。
こまめな水分補給と、エアコンの上手な利用が大事です。
でも、家の中でエアコンをフル活用している方には、熱中症対策は逆効果です。

今日は、エアコン大好きなあなたへ、暑い時にこそ注意したい食事・ダイエット中だからこそ大事な食事についてお話しします。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

夏バテに効く食べ物って何を思いうかべますか?
ウナギ?
そうめん?
冷たいビール?

みなさんそれぞれのレシピがありそうです。
『土用の丑の日』のウナギは、暑い夏の定番です。
スタミナをつけて元気になろうといわれています。
スタミナ料理といえば、ステーキや焼肉という方もいるかもしれません。

これらのスタミナ料理って、本当に夏バテに効くんでしょうか?

肉体労働をされていて、モリモリ食べることが習慣になっている方には、正解です。
では、低炭水化物ダイエットをしているあなたは?
お肉は炭水化物じゃないからOKだと思いますか?

今日のあさぎの一言

夏バテに、冷たいものは逆効果

エアコンで冷えたからだに冷たいものは、致命傷!
夏バテの状態は、体の中(胃腸)も弱っているということ。
特にダイエット中の方は、体にストレスをかけて体重を減らしている最中なので、要注意です。

エアコンで冷やしすぎている方・ダイエット中の方のために気をつけたいことを書いてみますね。

夏バテしないための食事の6か条


1 エアコンの効いた部屋の中では、飲み物は、暖かいものを飲む
2 スタミナ料理は逆効果・消化の良いものを食べる
3 食事の前や食事中の水分に注意
4 冷たいジュースやアイスはほどほどに。
5 冷たくてのどごしのよいものは使い方しだい
6 水分・ミネラルの補給を考える~汗をかいていないのにスポーツ飲料?

詳しくみてみますね

  • 1 エアコンの効いた部屋の中では、飲み物は、暖かいもの(常温の物)を飲む

夏は暑いから冷たいものがほしくなります。
しかし、新陳代謝の活発な年代ならいざ知らず、40代以降の普段室内にいることが多い方には、汗を書くことが少なくなっていませんか?
エアコンで体が冷えているうえに冷たい飲み物や食べ物をたべると、体の中からも冷すことになるので、NGです。
逆にあたたかい物もしくは常温の物で、体を温めることを考えます。
もちろん、飲み物は水かお茶・ブラックコーヒーがおススメです。

  • 2 スタミナ料理は逆効果・消化の良いものを食べる

胃腸の機能が低下しているときには、消化に時間のかかるものはさけるようにします。
肉は赤身中心にし、脂肪分の多いものはさける。
スタミナ料理も消化に力がいります。無理に食べると、逆に下痢や胃痛などの症状をおこすので注意します。

  • 3 食事の前や食事中の水分に注意

冷たいお茶をさきにのむと、それだけでお腹がいっぱいになったように感じますが、栄養は不足しています。
冷たいものばかりだと、胃が収縮してしまい食欲がなくなる原因にもなります。
食事の最中に冷たいお茶を飲むと、胃液がうすまり、消化酵素の働きが低下します。
糖質制限中は、減らしすぎになる方も多いので、栄養不足に注意です。

  • 4 冷たいアイスやジュースを飲みすぎない

アイスやジュースはほとんどが糖分です。
糖質制限していても、冷たいジュースを飲むと一気に糖質が体に入ることになり、一時的な高血糖状態になります。
この高血糖状態を解消するためには、ビタミンやミネラルといった栄養素が必要なのですが、食欲がなく必要量が食べられていないと体が疲れを感じたり、夏バテ状態となります。

  • 5 冷たくてのどごしのよいメニューは使い方しだい

暑くなるとそうめん・冷麺といった食事が多くなります。
そうめんなどののどごしのいいものは、噛まずに飲んでいる場合が多いです。
すると、消化に時間がかかります。
食べるスピードも速くなるので、満腹感が得られずにいつもよりたくさん食べてしまいます。
また、麺類は炭水化物なので、糖質も多い食品です。
食べ過ぎには要注意です。

反面食欲のない場合は、あっさりとして食欲がすすむので、使い方次第というわけです。

  • 6 水分・ミネラルの補給を考える

夏の暑い時期になると、熱中症の危険があるため、水分補給が大事です。
そして水分だけでなく塩分や糖分も必要なので、スポーツ飲料がすすめられます。

ただし、これには一つ落とし穴があります。
熱中症になるような環境であれば、効果の速いスポーツ飲料がおススメです。
しかし、クーラーのきいた涼しい部屋にいる場合は、どうでしょう。
スポーツ飲料は糖分が吸収しやすい形で入っているので、とりすぎになり、代謝がうまく働かなくなってしまいます。
もちろん、コップ一杯程度なら問題ありませんが、クーラーの効いた部屋で、ペットボトル入りのスポーツ飲料を飲むのは、逆効果です。

いかがでしょうか?
もちろん、暑い外やエアコンのない部屋では、水分補給も冷たい飲み物も大事です。
熱中症対策も大事ですが、エアコンを使っている方は冷えが体調不良になることもあります。
○クーラーで冷やしすぎない(外気温との差が大きくなっていないか)
○冷たいものを食べすぎない
○汗をかくことも大事

エアコンと上手につきあって、夏のダイエットをがんばりましょう!




関連記事

コメント













管理者にだけ表示