ホーム糖質制限 ≫ 要注意!糖質制限ダイエットの食べ過ぎという落とし穴。

要注意!糖質制限ダイエットの食べ過ぎという落とし穴。

  ステーキ  

糖質制限ダイエットの落とし穴は、2つあると書きました
糖質制限ダイエットの落とし穴は二つある
減らしすぎ
増やしすぎ
この2つです。

へらしすぎで起こる問題は、こちらの記事
糖質制限ダイエットの落とし穴に落ちちゃったら

今日は、もう一つの落とし穴、増やしすぎでおこる問題のお話

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

あさぎは、糖質の食べ過ぎのタイプでした。
糖質制限ダイエットを始める前は、別に普通~って思っていましたけどね。

朝は甘いコーヒーに甘いヨーグルト。
→でも、朝はしっかり食べなくっちゃ。

土曜日の朝は、ごほうびに朝マック。
→何のごほうびだか(^_^;)

おやつは、毎日菓子パン
→でも、夜じゃないから大丈夫

全然大丈夫じゃない、この食べ方ですが、その当時は真剣にそう思っていたんです。
ダイエットをしてほぼ目標体重になった今は、あれは食べ過ぎだったんだと気づくことができました。

『糖質制限ダイエットをしているんだから、糖質さえぬけば、あとはいくら食べてもいい』
そんな考え方が一人歩きしているようにみえます。
体重は減っていますか?
このくらい食べてもいいという部分がアバウトすぎて、心配なんです。

江部先生の御本で、【糖質制限の間違い】にこんな項目があります
カロリーを無制限に食べる
標準的な必要摂取カロリーが目安となります。
普通の身体活動レベルで成人男性2200~2650kcal/日、成人女性で1700~1950kcal/日。
3000kcal/日も食べたら、いくら糖質制限食でもやせません。

やはり、食べ過ぎは、やせないということです。

あさぎの今日の一言

お肉だって、食べすぎればやせない。

糖質を制限しても必要以上にお肉などを食べているとやせません。
ダイエットをしようと思ったということは、体重を減らす必要性があるということ。
今までが、食べる量が多い場合は、ごはんをへらしてそのままで様子を見るのが第一歩。
体重が急激に減ってくるようであれば、へらしすぎ。
全然変わらないようであれば、ふやしすぎといえます。

食事を食べて、体重1kgが増えるのに7200kcalといわれています。
毎日豚カツを一枚余分に食べると、480kcal
ごはんは、茶碗に軽く一杯(150g)で240kcal
この対比だけを見ても、ごはんをへらしてもとんかつをプラスしていては、カロリーは減らない結果となります。
480kcal-240kcal=240kcal
7200kcal÷240kcal=30日
つまり、ごはんをへらして豚カツを一枚普段の食事にふやして食べていると、1か月後には、体重は1kg増えるということです。

食べる量を増やしすぎて起こる問題をまとめておきます
  • ①体重がへらない

体重は、入ってきたエネルギーと使ったエネルギーの差で減るが増えるかがきまります。
糖質制限をしているからといっても、摂りすぎると、摂取エネルギーももちろん増えます

  • ②腎臓に負担がかかる

一般的には、お肉は一回量が100~150g程度だと考えますが、それ以上が普通だという方もいるかと思います。そんな方がさらにお肉を増やすのは、タンパク質の体の中での代謝がうまくいかなくなり、最終的には腎臓に負担がかかります。

自分の食べている量が食べ過ぎなのかどうか、なかなかわかりにくいですね
糖質制限食では、カロリー計算はいらないといわれています。
でも、一度目安として、自分が食べているカロリーを見てみるのもおススメです。

糖尿病治療のための糖質制限食は、医師の指導のもと行う事が大事です。
しかし、個人的な糖質制限ダイエットは、自分がちょうどよい量を見つけることが大事だと思うのです。
キツイダイエットは、続きません。
一生続けることのできる方法をさがしてみませんか?




関連記事

コメント













管理者にだけ表示