ホーム糖質制限 ≫ 要注意!糖質制限ダイエットの落とし穴は二つある。

要注意!糖質制限ダイエットの落とし穴は二つある。

 ステーキ  

糖質制限ダイエットが人気の理由を考えてみました。
①効果が速い
②わかりやすい(ご飯だけぬく・計算がいらない)
効果が実感できるのは、嬉しいし続ける力になりますね。

今日は、そんな糖質制限ダイエットの落とし穴を書いてみます。
もちろん、あなたは大丈夫ですよね。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

スポンサーリンク

あなたの糖質制限は、何が目的でしょうか。
糖尿病治療のために医師の指導のもとで糖質制限を行っている場合は別ですが、自己流で低炭水化物ダイエット・糖質制限ダイエットとして実行している場合です。

ちょっと太ってきたから、体重をへらしたい。
そんな場合が多いかなと思います。
自己流で糖質制限ダイエットをしている場合、大きくわけて二つのパターンがあります。

①「ごはんさえ食べなければ、他のものはいくら食べてもいい。
お肉も食べ放題。
アルコールも飲み放題」

②「ごはんをぬけば、今までどおりでいいんだって。
スムージーやグラノーラだったらいいよね。」

あさぎの今日の一言いきます!
自分の都合のいいダイエットは、ダメ。

どういうことかというと、
  • ①ごはんを減らしても食べ過ぎの場合

これは、働き盛りの男性の方に多いパターン。
『ご飯食べなくても、お酒を飲めるならいいか』
『ご飯減らしたんだから、お肉をいっぱい食べなきゃ』というようにね。
主食であるごはんやパン・麺類をへらしてお肉や油が増えるのはいいのですが、限度というものがあります。

普通に食べるお肉の量は、どれくらいでしょうか?
これも人によって違います。
あさぎは、お肉100g程度かと思いますが、いやいや200gでも普通という方もいます。

ダイエットとは、自分の体にとってちょうどいい量を食べるということ。
今太っている方は、食べ過ぎている可能性大です。
ならば、主食をへらしてもその他は今まで通りでちょうどいいかもしれません。

  • ②減らしすぎの場合

これは、女性に多いパターン。
もともと、食べる量はそれほど多くなく、おやつで食べ過ぎていた場合が多いです。
その場合、注意したいのは、減らしすぎ
今までの食事は、ごはんから半分程度のエネルギーを摂取しています。
そのことから考えても、糖質制限をする=摂取量が減ることになります。
減ったからいいじゃないかと思いますか?

いくらダイエットといっても急激な減らしすぎはよくありません。
今まで1600kcalの食事をしていた人が、ごはんを抜くと、1000kcal以下になってしまう場合もあります。
(※高齢の寝たきりの方で1000kcal程度です。)
江部先生の本にも、『エネルギー量にこだわることはないが、1200kcal程度はとるようにする』と書いてあります。
主食をぬいたら、そのままにしないで必ず他のもので増やすことが大事です。

へらしすぎて、他の栄養もへっていないか
なんでもOKと思って食べ過ぎて栄養過多になっていないか
一度振り返って考えてみたいですね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示