ホームダイエット中のおやつ ≫ コンビニで『チョコレート効果』を買ってみた感想

コンビニで『チョコレート効果』を買ってみた感想

チョコレート効果 

今日はコンビニでみかけたおやつを検証です
今コンビニには、いろんなおやつがあります。
あさぎも、車で移動するので、以前は車におやつが常備してありました。
でも、ダイエットにはNGですね。

今は、ミントのタブレットくらいです。(←あるんだ(^_^;)
今日は、甘くないチョコの話。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

スポンサーリンク

コンビニの棚でみつけたのは、コレ

写真 1(106)
チョコレート効果 クランベリー&大豆パフ
素材のおいしさと、高カカオポリフェノール
1箱でポリフェノール766mg
製品中カカオ分63%  

これでもかとい謳い文句ですねぇ。
パッケージもピンクでかわいらしいです♡
なんだか、体によさそう~とつい買ってしまいました。

栄養成分(1箱36g当り)
エネルギー 196kcal
蛋白質   4.4g
脂質    13.3g
糖質    12.7g
食物繊維  4.1g
ナトリウム 8mg

1箱には、6粒入っています。
一気に食べちゃあいけませんが、一応一気に食べた場合と考えましょうか。

あさぎのおやつの選び方はコチラでも書きました
ドラッグストアでみつけたおやつ

エネルギーは200kcal以内のものを買うようにしているので、196kcalで合格。
ポリフェノールって、何か覚えていますか?
そうワインに入っている成分として世間の人気になりました。

チョコの原料であるカカオにはポリフェノールが含まれていて色々な有効成分があります。
コチラのサイトがくわしい⇒みんなの健康チョコライフ

結論を言うと、
これは、甘いチョコと思って食べるとがっかり感が大きいです。
甘味は普通のチョコの半分以下。
もちろんその分ポリフェノールが多くとれる

ポリフェノールの効果
○血圧低下
○抗酸化力による動脈硬化予防
○ストレスを和らげる
○活性酵素の害から身体を守る
○アレルギー予防

ちょっと調べるだけでたくさんの効果がうたわれています。
でも、
ちょっと辛口でいうなら、どんなに素晴らしい効果があっても、そればかり食べるのは、問題があるとあさぎは、常々思っています。

ポリフェノールの効果を摂るためこのチョコを毎日ひと箱食べるとどうでしょうか?
同じエネルギー量ならチョコは太らないと言われていますが、量は少なくなります。

たとえば、カントリーマウム2枚とこのチョコ3個は同じエネルギーです。
もちろん、糖質はチョコの方が低いです。

写真 2(108)

でも、3粒でがまんするなら、カントリーマウム2枚の方が満足するかも~(笑)
3粒で、とどめておける自己管理能力が必要になるかもしれません。

ほっと一息つくときにチョコを食べるのは、あさぎもよくやります。
でも、やっぱり
チョコは楽しみにちょっとだけ食べることにしたいなと思うのです。
あなたは、いかが?


関連記事

コメント













管理者にだけ表示