ホーム糖質制限 ≫ 要注意!ごはんぬきをするなら一緒にやるべきこととは?

要注意!ごはんぬきをするなら一緒にやるべきこととは?

  卵かけごはん  

糖質制限について、色々勉強させてもらっています。

糖質制限という言葉で、何を思い浮かべますか?
あさぎは、真っ先に浮かんだのがごはんを食べないということ。
それなら、簡単と思うか、そんなの無理と思うか。
人はそれぞれなので、ごはんへの思い入れもさまざま。

では、簡単にごはんだけ減らすとどうなると思いますか?

あなたはどれが気になりますか?
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

スポンサーリンク

一般的な1400kcalの食事では、糖質200g程度になります。
そこからごはんをカットすると糖質100g程度になります。

今病院でお出ししている糖尿病食は、以前からあるバランスを重視したものです。
糖質は、60%程度はあります。
朝食にお粥220g・昼夕食でごはん140gです

朝 昼 夕食の写真を借りてきました。

朝食「

オムレツ

柳川煮

いたって普通の食事ですよね。
家庭での食事の方がもうちょっと品数が多いでしょうか。
これに、カップヨーグルトを足して、エネルギー1399kcal・蛋白質57.8g・糖質198.1g

ここから主食をぬくと、764kcal・糖質61.6gになります。

江部先生の糖質制限食では、一日の糖質60g程度とされているようですので数値的にはこれくらい?

ただし、エネルギー量がさがるんです。
1399kcal→764kcal。
もちろん、エネルギー量にこだわる必要はないのかもしれませんが、目安としては使えますね。
なので、みなさんがされているように蛋白質や脂質でエネルギーアップをはかることが必要となってきます。
ちなみに、寝たきりの方でも1000kcal前後は必要です。

この写真の献立なら
①オムレツを1.3倍程度にアップ
②サラダにオリーブ油を入れるなど、一日のうちで大さじ2程度使う
③夕食のさつま芋の甘辛煮をソテーや酢の物に変える。
こんな変更が必要です。

エネルギーを上げるために使われるのは、甘いものと油です。
甘い物は糖質が多いので使わないのなら、油を上手に使うことが一番大事なことかなと思います。

糖質制限では、メイン料理(肉・魚・卵・大豆)を2個程度入れることも必要なんですね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示