ホーム栄養のお話 ≫ 野菜の栄養がへっている?

野菜の栄養がへっている?

a0002_006313.jpg

野菜をおススメしているあさぎですが、
その野菜自体も年々栄養成分が変わってきています。
私達栄養士は、食品成分表とい食品の成分の図鑑?のようなものを利用します。
もちろん、市販されているので興味のある方は探してみてくださいね。

私が一番最初に手にした成分表はこんなの

写真(31)  写真(32)


昭和58年発行となっています。大学生の時に買ったようです。
お値段も580円と信じられないくらい安い。
この写真の本がずっと私の家の本棚で眠っていました。
ひっぱりだしてみると、ものすごく変形していましたけど


その後、再就職した時に購入したのがコチラ

写真(34)   写真(33)


4訂が5訂に変更されていますね。
2001年発行のものです。
2005年に5訂増補に改訂され、2010年に「日本食品標準成分表2010」に改訂されました。

たとえばほうれん草
4訂から5訂にかわると、カルシウムも鉄分もへっているんです。
カルシウム  55㎎49㎎
鉄分     3.7㎎2.0㎎

見た目はキレイで大きさもそろっている野菜たちですが、
中身は、徐々に少なくなっているように思います。

食品成分表は、この後も改訂されています。
さらに栄養がへっていないか、気になるところです。

今は献立ソフトを使って栄養計算しますが、以前はすべて手計算でした。
その分、よく使う食品の栄養量は暗記していたものです。
とっても便利になりました。


内容の濃いお野菜は、やっぱり貴重品なのかも
有機・低農薬野菜のおススメはこちら


今は、ネットでも栄養計算ができるサイトがあり、とても便利です。
みなさんも、気になる食品の成分を調べてみませんか?
栄養計算データーベース




ランキングに参加しています。
30年前の本を持っているあなた、ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>



関連記事

コメント













管理者にだけ表示