ホーム糖質制限 ≫ 【糖質制限】この量は、あなたにとって少ないですか?摂りすぎにならない糖質量とは?

【糖質制限】この量は、あなたにとって少ないですか?摂りすぎにならない糖質量とは?

   a0001_013175.jpg 

3月25日の記事で糖質不足が物忘れにつながるというテレビ番組を紹介しました。
コチラの記事→糖質不足が物忘れの原因?

ただ、この放送内容だけで糖質制限ダイエット=物忘れがひどくなる
というのは早計です。
この放送では、物忘れ(脳の働き)という目標にむかっての話であり、ダイエットではないということ。

あなたはどれが気になりますか?
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

スポンサーリンク

番組の中で被検体となっていた方の食事を紹介していました。
食事内容は、朝はサンドイッチ・昼は  夜は家族の食べたすき焼きの残り。
(あまりにも夜のインパクトが強くて昼を忘れました(^_^;))
量的には多くありません。
見た目も、それほど肥満傾向があるようにもみえません。

この方の食事で気になるのは、糖質ではなく野菜がまったくとれていないことと蛋白質が少ないこと。
カルシウムもビタミンも、大幅に不足しているようです。
糖質を自己流でへらしているのが気になりました。
この食事を続けていると、お肌の調子も悪くなりますし、抵抗力が弱くなり、風邪を引いたら長引くなどということも。

現代人は糖質を食べすぎている
これは、たいていの人が当てはまっているように感じます。
私自身も、ごはんを150g程度がちょうどいいと思って食べていましたが、これでも今の運動量からいえば多すぎたわけです。(現在は70~80g)

でも、全く食べないのは違った弊害を起こすこともあります。
コチラの記事でも書きましたが、毎食必ずごはん80gは食べることをあさぎは実行しています。
あさぎ流ダイエット

もちろん、ご飯をパスタにかえたり、パンに変えたりもできます。
脳が最低限必要とする糖質は必ず摂る。
脳が必要とする糖質は130g/日
他のものにも糖質は入っていますので、主食だけで一回35g程度の糖質を摂ると考えます。

100gあたりの炭水化物量は
ごはん 37.1g
パン  46.7g
うどん(ゆで)   21.6g
スパゲッティ(乾燥)72.2g
中華めん(ゆで)  29.2g

これを炭水化物35g程度(最低必要な糖質量)に換算します。

ごはん80g→子供茶わん1杯
パン 80g→食パン5枚切り一枚・バケット1/4本
スパゲッティ(乾燥)50g (一人前は100g)
うどん(ゆで)170g (一玉200g)
中華めん(ゆで)130g(一玉150g)

一食にこのどれかを食べるようにしています。
ただし、麺類はどうしても食べすぎてしまうのが悩ましいところです。

糖質制限食という考え方は、もともと糖尿病治療の一つとして提唱されました。
糖尿病治療のための糖質制限は、医師のもとで行うことが大事です。
糖質を制限するということは、タンパク質量が増えることにもつながります。すると、腎疾患のある方や高齢の方は、腎臓に負荷がかかることになり、よくありません。
腎疾患などがある場合には、NGとなります。
ダイエット目的で糖質制限をする場合は、完全糖質オフはとても難しいと感じています。
実行されるときは、主治医の先生に必ず聞いてからにしてくださいね。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
↓ あなたのポチッ♪に感謝 ↓
あなたはどれが気になりますか?
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


関連記事

コメント













管理者にだけ表示