ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ 駆け込みドクター~血管年齢を若くするために。

駆け込みドクター~血管年齢を若くするために。

  a0960_004235.jpg  

3月15日放送の駆け込みドクター、今回は血管年齢

出演者の血管年齢をランキングで発表していました。
女優さんでも、意外と血管年齢が高いのでびっくりしてしまいました。
血管年齢はアンチエイジングにも関係していると聞くと、51歳のあさぎも人ごとではありません。

内容は記事の続きを読んでくださいね。

ブログランキング参加中です。あなたのポチッ♪に感謝
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

おうちごはん ブログランキングへ

スポンサーリンク

ビックリして見ていたのが、伊藤つかささん(48歳)
何がびっくりしたのかというと、食べているものの内容なんです。
これは、管理栄養士としてみのがせませんわ。

果物とアルコール・外食しか食べてないような。
まともに食事をしていない日もありました。
これでは、血管もボロボロになりそうです。

この場合は、蛋白質不足からの栄養失調の一種だといわれていました。
コチラの記事で書いたコレですね→新型栄養失調が増えている

その他にも、ラーメン(即席めん)ばかり食べることでおこるビタミン不足。
高齢者がコレステロールを気にするあまり肉を食べないことでおこる低栄養。
若い女性の過度のダイエットによる栄養失調。
これらも、新型栄養失調の一端です。何事もほどほどにと言う感じでしょうか。

そして、大場久美子さん(55歳)。
血管年齢は+20歳で75歳!
外食で一食だけで1540kcal摂っている日もありました。
ほとんど運動もされていない。

ご本人、見た目も細くて素敵なのですが、肝機能が高くなっていることがわかり、食べ過ぎによる脂肪肝(NASH)と言われていました。
手足の冷えの訴えもあり、運動不足により血管が収縮していることも指摘されていました。
血管を広げるためにはやっぱり体を動かすことなんですね。

血管年齢が若返ると見た目も若返る・シミシワもへる。
そう聞くと、人ごとではなくなります。
やっぱり、いつまでも若々しくいるためには、食事・運動・睡眠ですね。

血管によいもの=動脈硬化を予防するものということ。
青魚に含まれるEPA
くるみなどのナッツ類に含まれる(αリノレイン酸・オレイン酸)
そして、野菜中心の食生活
運動は、会話ができる程度のものがおススメだそうです。

こちらの番組の認知症の予防でも同じことを言われていました。
たけしのみんなの家庭の医学~認知症を防ぐ

血管を健康な状態に保つ
お肌のアンチエイジング
認知症予防

どれも大事なのが、食事・運動・睡眠です。
食事のポイントをまとめておきます。

★青魚を食べる
★くるみなどのナッツ系を食べる
(ただし、一回量が多くなるとカロリーも多くなるので、注意は必要)
★野菜を毎日しっかりとる

有機野菜をおススメしている記事はこちら→有機野菜が毎週届く

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
↓ あなたのポチッ♪に感謝 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ


関連記事

コメント













管理者にだけ表示