ホーム糖質制限 ≫ あさぎ流ダイエット。減らしめ糖質~ご飯はこれくらい。

あさぎ流ダイエット。減らしめ糖質~ご飯はこれくらい。

  a0960_006247.jpg  

今低炭水化物・糖質制限ダイエットがはやっていますね。
効果は、賛否両論。
私自身は全く糖質をなくすのではなく減らし気味にするという表現がいいのかなと思います。

私の実践しているダイエットも、ある意味糖質制限
ただし、今まで食べ過ぎていたんです。そこがスタートです。
体を動かす量が減っているのに、若い頃と同じだけ食べていました。
ようは、動く(使う)エネルギーと食べるエネルギーがつりあうような食べ方をしないといけなかったのです。

では、どんな方法か、お話ししますね。

スポンサーリンク

ダイエット方法としての糖質制限・低炭水化物は、体にどうなの?
これは、10年先くらいにならないとわからないと思っています。
ただし、元気な方の場合です。
腎疾患や肝疾患などのある方は、きちんと医師に相談しましょう。

今、糖質制限で頑張ってダイエットしている方が、ブログなどで発信しておられます。
みなさん、とてもおいしそうな食事で、きっちりと体重を落とされている方も多いです。
じゃあ、自分もとなったときに、どうするか?

私は、自分の体の声を聞いてやってほしいと思うのです。
体が楽になった、というのなら、その方法はあなたにあっているのです。
あまり急激なダイエットは、反動があったりストレスの原因となることもあります。

食事は薬と違って即効性はありません。長く続けることのできるダイエットが一番いい方法です。

動く量の減った私は、まずごはんをへらしました。
これは、かるく一杯。ごはん150g↓
  
IMG_3020_convert_20150311093559.jpg  



ダイエット開始後は、ごはん80g↓
  
IMG_3021_convert_20150311093629.jpg  



糖尿病の食事の考え方で、ごはんのグループのものは交換して食べるというのがあります。
ごはんのグループ=ごはん・麺・パン・芋・かぼちゃ・れんこんなど
糖質のグループのことですね。

これらは、ごはんだけなら80g
それ以外の芋類を食べるならごはんをさらに減らす。
こんな方法でした。

最初は、ごはんが少なくて絶対無理と思いましたが、慣れるものです。
ただし、ご飯を減らした分野菜をしっかりと食べます
(ここでいう野菜に、じゃが芋などは入っていません。)
味付けは、ポン酢で!
ここでマヨネーズなどは、使いません。

蛋白質は、普通に食べます。
ただし、若い時と同じ量では多いのです。
肉・魚なら60g程度にしています。

脂肪は、普通に食べます。
揚げ物も食べます。でも、食べ過ぎはNGです。

食べる順序も、大事でした。
最近よくいわれているように、汁物や野菜から食べて、ご飯は一番最後です。

小さい時から三角食べ(ごはん→メイン→副菜→ごはん→)を教えこまれていたので、最初は違和感ありましたが、これも慣れるとどってことありません。

ただ、ごはんがメインとなるカレーやどんぶり物は、ちょっと食べにくくなりました。
いつも食事の最後にご飯の味をしっかりと味わいながらいただきます。
ごはんって、甘いんですね♪

目指せ!5年後・10年後も続けられるようなダイエット(^^)/

あさぎのダイエットシリーズ
40代からのダイエット 目次 その1
40代からのダイエット 目次 その2

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
↓ あなたのポチッ♪に感謝 ↓
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント













管理者にだけ表示