ホーム40代からのダイエット ≫ 私がダイエットを始めたわけ。その1

私がダイエットを始めたわけ。その1

 a0960_006310.jpg    


今から4年前くらいでしょうか。ダイエットを決行しました。
最高体重74kg
ダイエット後57kg
マイナス17kgの減量となりました。

年齢とともにだんだん動かなくなる。代謝も落ちてくる。でも食べる量は一緒というあさぎでした。
いろいろ食べることには気をつけていますが、なかなか痩せることはできませんでした。
健康診断で、心電図でひっかかることも出てきました。

そして、くも膜下出血で倒れてしまいました。(12月16日だった)

この続きは、【続きを読む】をクリック!

ブログランキング参加中です。あなたのポチッ♪に感謝
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

即入院となり、年末年始を病院のベッドの上ですごしました。
その間、ず~っと点滴のみです。

点滴って体によさそうとか思いませんか?
でも、吸収は非常に良いのですが、カロリーは非常にすくないのです。

今まで食事で2000kcalは摂っていたであろうあさぎが、点滴で1000kcal程度になったわけです。
これは、やせます。
でも動けなくなりました。

その後、頭の中の出血が吸収されて手術しなくてもよくなり、安堵しました。
すると、今度は寝たきり生活から一転して退院にむけてのリハビリとなりました。
食事も食べられるようになりましたが、いくら食欲があっても、胃が機能しなくなってうけつけません。

胃が衰えると、食事を吸収しなくなります。
足が衰えると、立つことができなくなります。
おしりの筋肉が衰えると、立つと後ろへたおれてしまいます。
人間の体は、使わない機能はどんどん衰えていくということを身をもって体験したしだいです。

絶食期間がおわり退院するころには、7kgの減量となっていました。
時ならぬ断食ダイエットとなってしまったわけですが、寝たきりでは意味がないです。

退院時、67kgで退院したのですが、その後は1か月の自宅療養。
食欲は十分ありますので、じわじわと体重が戻りはじめます。

でも、このまま体重が増加して、また倒れることになってはシャレになりません。
そこで今までの考え方ではだめだと思い、ダイエットの専門家の門をたたきました。

私の専門は高齢者の食事なので、まだまだ知らないことがたくさんです。
その時に、教えていただいたことを『40代からのダイエット』というカテゴリーで記事にしています。
コチラ⇒40代からのダイエット

この続きは、また次回<(_ _)>

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
↓ あなたのポチッ♪に感謝 ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へにほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事

コメント













管理者にだけ表示