ホーム大人の食育 ≫ ひなまつりは春の息吹

ひなまつりは春の息吹

a0790_001082.jpg


3月3日はひなまつり。桃の節句ともいいます。
女の子のお祭りとして今も私たちの生活に根付いています。
甘酒にひなあられ・菱餅・はまぐりのお吸い物・ちらし寿司というのがひなまつりの代名詞だったように思います。
今は、なぜかひなケーキというものまでありますが。

そういえば、この間の日曜日のサザエさんにも、ひなまつりの話がありました。それほど、私たちの生活になじんでいる証拠ですね。
カツオくんがひなまつりパーティのはしごをしていたり、ワカメちゃんが晴れ着を嬉しそうに着ていたり。
今では、さすがにひな祭りだからといって子供が着物を着ることはなくなりましたが、それほどハレの日だったということです。


ひな人形は、我が家にもあります。
親王飾りでお雛様とお内裏様だけですが、私の母が孫へと買ってくれました。さすがに住宅事情を考慮して親王飾りにしたのですが、今となってはそれでも大きかったのか登場回数が減ってしまいました。
上品なお雛様のお顔を見ているだけで、なんだか嬉しくなります♪。




こちらの食育・食生活ランキングにも、なるほどがいっぱい。
↓応援ポチっとお願いします。↓
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ひな祭りの料理の中でも、はまぐりのお吸い物には意味があります。蛤(はまぐり)は、2枚の貝がぴったりとあい、他の貝とはあわないことから女の子の「貞操」をあらわすとのこと。また相性の良い結婚相手と結ばれて仲睦まじく過ごせるようにとの願いがこめられているそうです。

最近は、私も貝を買ってきて料理することがめっきりへりました。
以前は砂出しからはじまりお吸い物を作って、いただいたものです。

こういった行事に登場する食材は、昔から使われてきた食材が多いです。はまぐりも平安時代の貝合わせの遊びにも登場し、良く利用されていたことが想像できますね。

菱餅もひな祭りの定番です。
緑・白・桃色と重ねた色合いが、とても春らしくてパッと明るくなります。
この色合いにも意味があるのと今回初めて知りました。
桃色=魔除け
白=清浄・純潔
緑=健康・新緑の生命力


病院でも、気分だけでも味わってほしいと思い、菱形の三色寒天をお出ししました。
(さすがに御餅はNGです)
牛乳に食紅の赤(ピンク)と抹茶の緑、そして牛乳の白で3色です。

寒天は、飲み込みがうまくいかない方には口の中でバラバラになるので、あまりおススメはできません。そのため、飲み込みが悪い方には、3色ムースをお出ししました。

気分だけでも春を味わっていただけたら嬉しいです


ひな祭りの献立

IMG_2985_convert_20150303180943.jpg

◇花ちらし
◇海老の天ぷら
◇菜の花の辛子和え
◇手まり麩のお吸い物
◇三色寒天
◇いちご


桃の花が咲くには、まだまだ寒い日が続きますが、春はすぐそこまできているかも。






banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります



ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示