ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ 腸内フローラには不思議がいっぱい

腸内フローラには不思議がいっぱい

 a1380_001055.jpg  


腸内フローラという言葉を最近よく耳にします。
ちょうど2月22日のNHKスペシャルで特集をしていました。

腸内フローラ=腸内のお花畑・腸内細菌の生態系と訳されていました。
腸内には、100兆個!以上の細菌がいるといわれています。
お腹の中には、1~2㎏の腸内細菌があり、便の1/3以上は腸内細菌です。

腸内フローラは全身の健康を決めるものだということです。
細菌と聞くと悪いイメージもありますが、腸内細菌の研究が進んできたことで、ガン・糖尿病・肥満・アレルギーに影響を与えていることがわかってきたそうです。

これほどの働きがあるとは、驚きです!



こちらの食育・食生活ランキングにも、なるほどがいっぱい。
↓応援ポチっとお願いします。↓
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

腸内細菌の出す物質からいろいろな効果がいわれています。

〇肥満予防
食べ物が体内に入ってくると腸内細菌が消化して短鎖脂肪酸をつくります。これが脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みがとまり、そのため余分な脂肪の蓄積を抑え肥満を防ぐこのとにつながります。

〇老化防止
腸内細菌が、肌の若さを保つ女性ホルモンに似たエクオールという物質をだし肌のハリを保ちます。

〇糖尿病予防
〇アレルギー予防
〇貧血予防
〇血栓予防
〇がん予防

番組では、CGを使って、体の中でのしくみの解説をしていました。まだ動物実験の段階のものが多いようでしたが、まだまだこれから新しい発見がある分野だということは確かなようです。

腸内細菌が病気やお肌の状態ひいては老化や脳の病気である躁鬱症にまで関連があるとはこの番組で初めて知りました。
これからの解明に期待したいです。


腸内細菌は、栄養の世界でもよく出てきます。
一番よくきくのが、食物繊維です。食物繊維は腸内細菌のエサとなるため、これが不足すると腸内細菌が増えることができないのです。
腸内細菌がどんなにすばらしい働きをすることがわかっても、元気にするのはやっぱり食事からとる栄養だということです。

便秘の記事でも腸内細菌がでてきました。
便秘は腸内細菌のバランスが乱れた状態ともいえます。
腸内細菌のエサとなるオリゴ糖を補給してやって、腸内細菌を元気にするという考え方から、今オリゴ糖が注目されています。
カイテキオリゴはお腹の強力サポーター

人間の体は、腸内細菌を選んで体にとりいれています。体の中のことは、まだまだ未知の分野でもありますが、まず私たちにできること、しっかりとバランスの良い食事を摂ること。これが健康への近道ではないでしょうか。

食物繊維のお話はこちら記事でも書いています
心臓病の食事を考える。食物繊維を多く摂る

コチラもどうぞ
食物繊維




banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります



ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示