ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ ためしてガッテン~伸ばさないストレッチは50肩にも使える?

ためしてガッテン~伸ばさないストレッチは50肩にも使える?

orange-juice-410333_640_convert_20150224003413.jpg

先週(2/18)放送のためして、ガッテン!皆さんは、見られましたか?
タイトルがこれ。
【肩コリも転倒も防ぐ!新常識“伸ばさない”ストレッチ!】

従来のストレッチは筋肉を伸ばすことを目的としていました。
それが、どうやらケガを減らす効果を否定する研究結果がでてきたということでした。
筋肉を伸ばすと、その後筋力・瞬発力が低下する。パンツのゴムが緩んだ状態と表現されていました。

そこで、今注目されている「アロンガメントジミコ」(動的ストレッチ)
まるで呪文のような名前ですね。ガッテンさんもさすがにこれでは覚えてもらえないと思ったのか、「ふりふりストレッチ」と名付けていました。
(ちょっと軽すぎるような気もしますが。)

どんなものでしょうか?


こちらの食育・食生活ランキングにも、なるほどがいっぱい。
↓応援ポチっとお願いします。↓
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

従来のストレッチは、時間をかけて負荷を与えながら筋肉自体を伸ばす。
動的(ふりふり)ストレッチは、可動範囲の8割程度で間接を繰り返し動かす。
両方ともに、手足の冷え解消・高血圧や動脈硬化改善があります。
さらに、こんな効果があるそうです。

従来のストレッチ
→・手足の冷え解消
・高血圧動脈硬化改善
・精神のリラックス効果

動的(ふりふり)ストレッチ
→・体温筋力アップ
・ケガの予防 
・瞬発力のアップ 
・転倒予防 
・肩こり解消 
・腰痛解消

どんなものにも、ストレッチと思っていたのが、スポーツなど場合は違ったというところでしょうか。

動的(ふりふり)ストレッチのやり方は、公式ホームページにあります。
肩コリも転倒も防ぐ!新常識“伸ばさない”ストレッチ!

私も肩こりを持っているので、もちろんやってみましたよ。

そして、肩こりで思いだしたのが、何年か前にやった50肩
40代で一回(40肩?)。昨年一回と2回もやってます。

最初は、服の脱ぎ着もできないくらい痛くて、整形外科へ行きました。
そして、リハビリの先生に温めとストレッチ?とをしてもらい無事に完治しました。
整骨院へ行くか?
整形外科へ行くか?
迷うところですが、整骨院の場合は、腕の良い先生のおられる所でないと筋肉を傷めることもあるとかないとか。
あまり運動をしないあさぎなので、なるべくしてなったかもしれません。
パソコンを使っているときに背中を丸めて肩が前に出ている人は要注意ですよ。

2回目は、それほど日常動作に不便がなかったので自然にまかせました。

今回の肩こり解消のふりふりストレッチも、痛みがおさまってきている場合なら、結構いいかもと思って実践してみました。
50肩(40肩)でお悩みの方は試してみませんか?



わかりやすい五十肩・肩の痛み→東北大学整形外科学教室






banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります



ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示