ホームよもやま話 ≫ チョコは健康に良いのか悪いのか?

チョコは健康に良いのか悪いのか?

chocolates-563382_640_convert_20150212234523.jpg


バレンタインデー、直前ですが、皆さまは、チョコとご縁があるでしょうか。
あさぎは、いい年齢になっているので、もう愛の告白なんていうこともありませんが、ご挨拶としての必需品になっているように思います。
主人と息子には、準備しましたよ。
普段買えないようなチョコレートなので、御相伴に与るのが楽しみです。

最近は、女性から男性に贈る・告白する!なんて決まりの他に、自分へのご褒美としてのチョコを購入する女性が多くなっているようです。
確かに、自分で食べたいですね。

友チョコというものがあるのかとびっくりしたのは、6~7年前でした。
今では、自分チョコとでもいうのでしょうか。
だんだん変わってきていますね。



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

変わったといえば、今の小学生。
もちろん、学校にチョコを持ってくるのはNGのようで、放課後校門の前に保護者がずらりとチョコを持って並んでいるとか。お子さんは校門を出たところで、お母さんからチョコをもらって、好きな男の子へ渡すのでしょうか?
なんだか、その光景を想像してしまいました。
お母さんたち、お疲れ様です。

さて、チョコレートは、カカオにポリフェノールが含まれていることから、抗酸化作用が期待できます。その他にも、いろいろな健康効果が言われています。
高カロリー・高脂肪であることも事実です。
良い働きも、気になる働きも併せ持つチョコレート。

こんなサイトもあります
チョコレート・ココア協会

チョコを目の敵にするよりは、高級なチョコを少量だけ、自分へのご褒美に食べるなんていうのなら、ダイエットを頑張っている方にもいいかもしれません。
病院でも、患者様にカードと一緒に小さなチョコを一個だけおつけします。

くれぐれも、量を増やさないようにご注意です。




参考:
きのこの山 1箱 82g 459kcal
     ( 7個 18g 101kcal )

たけのこの里 1箱77g 427kcal
      ( 7個17g 94kcal 9

一食443kcal
IMG_2129_convert_20150210011034.jpg







banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示