ホームテレビ・雑誌の話題 ≫ たけしの「みんなの家庭の医学」、お風呂は長けりゃいいってもんじゃないらしい

たけしの「みんなの家庭の医学」、お風呂は長けりゃいいってもんじゃないらしい

a0005_000270.jpg


1月27日放送のたけしの「みんなの家庭の医学」、今回は冷え性の改善でした。
食事の紹介はなかったのですが、お風呂の入り方があったので、私も見ました!

お風呂の入り方で冷え性改善を詳しく説明していました。
温めると冷え性がなおると考えるのは間違い。
確かに、なぜ手足の先が冷えるのか?と考えると、
その部分まで血液が回っていないからということになります。
では、血液の流れをよくするためにはどうすればいいのか。

体温の調節は、自律神経が担当しています。
血管を拡張したり収縮したりすることで、体温の調整をしています。
拡張する(広がる)と、末端まで血液が流れます。
収縮する(狭くなる)と、血液量が減るので、末端まで充分に流れにくくなります。
この繰り返しで体温の調整をしているとのことでした。

熱いお風呂に長い間つかると、なんとなく血管も広がっていきそうな気がしますが、逆に交感神経が優位になるため、血管が縮小してしまいます。
時間が長ければいいってものではないのですね。

番組では「冷え性改善入浴法」として
①温度39度~40度
②全身浴1対半身浴2で合わせて15分以内

これを勧めていました。

私もお風呂は、しっかりとつかるようにしています。
ただし、目的は冷え性でなくてダイエット。代謝を上げることが目的です。
そうなると、入り方も多少かわってきます。
ダイエット目的の高温反復浴
①温度は43度
②全身浴
③3分入って5分休憩で入浴時間は10分。合計20分。


どちらが、よいかはわかりませんが、目的が違えば入り方も違うということでしょうか。
まず、シャワー派の方はお風呂へつかりましょうね。

お風呂の記事もどうぞ
お風呂でダイエット

高温反復浴の紹介サイト
お風呂で痩せる方法

たけしの「みんなの家庭の医学」
公式ページ








banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示