ホーム大人の食育 ≫ 七草の日は野菜の日~現代の七草を考える

七草の日は野菜の日~現代の七草を考える

a1070_000110.jpg

1月7日は、七草粥の日です。
古くからの日本の行事食です。
いわれは色々あるようですが、お正月の御馳走で疲れた胃腸を休ませるという意味が私てきには、ぴったりかと思います。

春の七草
 せり(芹)
 なずな(ナズナ)
 ごきょう(母子草)
 はこべら(ハコベ)
 ほとけのざ(子鬼田平子)
 すずな(かぶ)
 すずしろ(大根)
七草 Wikipedia

昔は、こういった野草が一番手に入りやすいものだったのかもしれません。
ならば、現代で一番手に入りやすいほうれん草やしろ菜でもOKだと思いませんか?(^.^)
さしずめ、現代の七草は
 ほうれん草
 しろ菜
 水菜
 小松菜
 はくさい
 蕪の葉(すずな)
 大根葉(すずしろ)
といったところでしょうか。手に入りやすい葉物野菜をあげてみました。

もちろん、病院の朝食も七草粥です。
ただし、七草ではなくほうれん草や白菜といった葉物野菜で提供です。

昔も今も、正月の間はいつもと違うものを食べる。
ついつい見栄えの良いものを食べるので、野菜が不足します。
その意味で、この七草=野菜と捉えて、ちょっとしっかりと野菜を食べることに意識をむけたいものです。

外食続きで、便秘気味の方もいるかと思います。
そんな方におススメしたいのは、根菜類
我が家も、昨日、ごぼう・蓮根・たけのこ・昆布・大豆で五目煮を作って食べました。
翌朝には、効果抜群でした!

ちょっと作るのは、忙しくてと言う方は
コチラ⇒あじかんごぼう茶

健康は、快食快便が一番です!





banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示