ホームよもやま話 ≫ 大晦日にはやっぱり年越しそばですね

大晦日にはやっぱり年越しそばですね

00002758.jpg
kikkomannさんからお借りしました

大晦日といえば、
年越しそばですね

なんだか当たり前と言う感じで、不思議にも思っていなかったのですが、
あらためて、聞かれると??
どうして蕎麦?
どうしてエビ天?

調べてみると、諸説あるようですね

※ウィキペディアより

江戸時代には定着した日本の風習であり、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる蕎麦である。

個人的には、コレだと思っていました。
私自身が子どもの頃には、夕食が終り、紅白を見終わった頃に食べていたような記憶もあります。

エビは、どうしてなんでしょうね
なぜか、普段1尾100~150円のエビの天ぷらが大晦日には200~300円になるのには驚きです。

今年は、このブログを5月から始めました。
拙い文章を目にしていただいた皆様、どうもありがとうございました。
また、新しい年も、気持ち新たに綴っていきたいと思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を!







banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示