ホーム大人の食育 ≫ 冬至には、南瓜・柚子湯をぜひ!

冬至には、南瓜・柚子湯をぜひ!

a1180_011693.jpg



12月22日は、冬至です。
冬至といえば、
日照時間が一番短くなる日。
南瓜と柚子湯の日。
という感じですが、みなさんはいかがでしょうか。

かぼちゃの旬は夏ですが、ビタミンAやカロチンが豊富なことから風邪や中風(脳血管障害)に効くと言われています。長期保存がきくことからも冬に栄養をとる先人の知恵ですね。
ハロウィンでも主役になっていたかぼちゃ。
どこの国でも、栄養豊富な食材を上手に利用してきた証でしょうか。


もう一つ小豆を使った小豆粥もあります。小豆の赤が邪気を払うと言われています。
年配の方には、「赤いお粥さん」といって喜ばれる方が多いです。

かぼちゃと小豆を一緒に炊いたいとこ煮ってごぞんじでしょうか
私も、かぼちゃと小豆が従妹?とよくわからなかったのですが、
どうやら、いとこ煮とは硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから いとこ煮 と名付けられた料理だそうです。
昔の人も、こんな言葉遊びのようなことをして楽しんでいたんだと思うと、なんだか嬉しいですね。

病院でも、22日には南瓜煮をお出しします。
そして、柚子湯用に、柚子も用意しています。
病院のお風呂ですから、一般浴(自分でお風呂に入れる方)と機械浴(寝たまま入れる)があり、その両方に柚子を入れて、楽しんでいただきます。

柚子湯には
〇血行をよくして冷え性をやわらげる
〇体を温めて風邪を予防する
〇皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果
〇芳香によるリラックス効果
とたくさんの効果があります。
良い匂いのお風呂に入れば、ホッとしますね。

今年の冬至は【朔旦冬至】にあたるそうです。
新月(朔)と冬至が重なる日で、月と太陽の復活が重なる日ということで、大変めでたいとされています。


冬至は、昼が一番短い=これから長くなっていくと考えて運もここから上向きになっていくと捉えるそうです。
昔の人は、なかなかポジティブですね。
私たちも、それをみならって、明日からはいいことがあるようにとかぼちゃを食べて柚子湯に入って、運を呼び込みましょう。

冬至の日には、南爪煮と柚子湯。
あなたも、試してみませんか?


IMG_2517_convert_20141222005121.jpg




banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示