ホーム糖尿病の食事 ≫ 糖尿病と揚げ物料理のつきあい方

糖尿病と揚げ物料理のつきあい方

a0002_002322.jpg

糖尿病のお食事シリーズです。

糖尿病の方に食事のお話しを聞くと、いろいろなタイプの方がいます。

揚げ物が大好きで、カロリーオーバーしている方。
甘いものがやめられなくて、
お酒が、
果物が、

その方それぞれに注意点が違います。

揚げ物の好きな方の場合、
揚げ物を食べてはいけないということではなく、量や回数を注意することが大事です。

揚げ物料理には、
天ぷら・フライ・唐揚げと衣によってカロリーが違います。
一番カロリーが高いのは、衣が多い天ぷら
次が、パン粉を使うフライ
そして、ややカロリーが低めの唐揚げ(片栗粉をつけて揚げるもの)
油は、1g 9kcalとエネルギーが高くなります。
だからこそ、使い方に注意が必要です。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


揚げ物料理のつきあい方の続きはコチラ

スポンサーリンク

この献立は、揚げ物の献立です。

IMG_2238_convert_20141104230825.jpg
○ご飯
○鶏の唐揚げ
 付け合せ)ブロッコリー・トマト
○サラダ
○スープ

鶏の唐揚げは特に、惣菜やお店のものは一個が大きいの要注意です。
お店の唐揚げなら、3個程度でしょうか。
家庭で作る場合、小さ目に切り5~6個(70g程度)までにします。

揚げ料理の時は、小鉢は油をつかわないものにします。
よくポテトサラダなんかが、メニューにありますが、揚げ物と一緒に食べることはおススメはできません。
この献立の時は、サラダでもノンオイルドレッシングを使っています。

1週間のうちで、2回程度の揚げ物はOKです。
ただ、天ぷらなど衣をたくさんつけるものはその分、油の吸収量も多いです。

天ぷらの具材は何がありますか?
海老・イカ・なす・さつまいも・ししとうなどでしょうか。
これらを全部揚げると200kcal以上になります。
そこで、全部揚げるのではなく、海老とイカだけ天ぷらにして、あとの野菜は、茄子の煮物にしたりという調整が大事です。

揚げ物料理も上手に組み合わせて、おいしくいただきたいですね。


糖尿病の宅配料理にはこんなものもあります

ウエルネスダイニング~お試ししました





banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります



ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示