ホーム糖尿病の食事 ≫ 糖尿病の食事に大事なこと その8~おやつ(嗜好品)との付き合い方

糖尿病の食事に大事なこと その8~おやつ(嗜好品)との付き合い方

PPO_shikkuiichigonosyo-tocake500_convert_20141024001138.jpg


糖尿病のお食事で大事なことを記事にしています。

1回目 糖尿病かなと思ったら
2回目 適性なエネルギー量
3回目 バランスの良い食事
4回目 一日3食きちんと食べる
5回目 食物繊維をとる
6回目 ゆっくりよく噛んで食べる
7回目 アルコールは控える


今日は8回目
おやつ(嗜好品)です

概して糖尿病の方は、甘い物が好きな方が多いです。
もちろん、全く食べないという方もおられます。

基本は、おやつはなしで、3回の食事のみが一番です。
糖尿病の場合、おやつを食べると、血糖があがります。
血糖をコントロールするうえで、避けることができるのなら、避けたいところです。

それでも、おやつがやめられない
やめるとイライラして余計に食べてしまう。
そんな場合は、どうすればいいのでしょう。

私自身も、ダイエットしているならおやつはよくないことは十分わかっています。
それでも、休みの日にはしっかりとおやつを食べてしまいます。
せっかくの休みなんだから、おやつを食べてゆっくりしてもいいよね。
こんな言い訳が頭の隅にあるのかもしれません。

まず、おやつに何を選びますか?
できれば、野菜や果物・乳製品がおすすめです。
焼き芋や、干し柿・ヨーグルトなど
でも、忙しい方は手間をかけられない場合も多いです。

ケーキや菓子パン・和菓子じゃないと食べた気がしないという方も。
上手におやつと付き合うには、おやつのカロリーを知らなくてはいけません。
自分がよく食べるおやつは、何キロカロリーでしょうか。
容器に栄養価が記入してあるおやつも増えました。
市販のおやつのカロリーの載った本も売っています。
だいたいのカロリーを覚えておきましょう。

最新 一番よくわかるカロリー早わかりBOOK




実際に私がおやつを選ぶ時に実践していることをあげてみます。
糖尿病の方だけでなく、ダイエット中の方にもおススメですよ。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

おやつとの付き合い方の続きはコチラ

スポンサーリンク

菓子パンは、カロリー表示が普通になってきています。
買う前に必ずカロリーを確認しましょう。
重さのあるもの・大きいものは500kcal(キロカロリー)近くあるものもあります。
私は、菓子パンは100kcal台のもの(199kcalまで)を選ぶようにしています。
今はローソンのブランパンがカロリーが低く甘さもあるので、なかなかいいんじゃないかなと思っています。

和菓子も、意外とカロリーがあります。
どら焼きなどは、1個300kcal以上あるものもあります。
和菓子ならなんでもOKではないので要注意です。
大福を食べるなら、苺大福にするとか、
あんこの少ないもの(三色団子など)がカロリーが低いです。

洋菓子は、生クリームの多いものは注意が必要です。
できれば、チーズケーキなどや果物の多いものがカロリーも低めです。

スナック菓子は、軽いので量をたくさん食べてしまいます。
油で揚げてある商品が多いので、これもエネルギーが高いです。
大袋ではなく、小袋タイプにしましょう

飲み物は、何をとりますか?
一番いいのはお水やお茶・ブラックコーヒーです。
要注意なのは、ジュースやイオン飲料。急激に吸収されて血糖があがります。
甘いおやつと一緒に飲むものは、甘さのない物にしたいものです

については、その方の考え方に左右されます
ケーキひとつをとってみても、
半分残すくらいなら、食べない方がましと思うか
半分も食べられるのなら、十分と思うか。
人によって違います。
あなたは、どちらでしょう。
一日の必要エネルギーの量によっても変わります。
200kcalのおやつを食べるとしても、1200kcalの方と2000kcalの方では、おやつの占める割合が違いますね。

おやつは、食べる時間も大事です。
3食の食事の一部として食べるか?
食事と食事の間に食べるか?

どちらにしても、おやつを食べると血糖は上がります。

○ごはんの一部として食べると、血糖の上がる回数を一手にすることができます。
そして、食事と一緒にカロリー計算ができるので、摂取カロリーをコントロールしやすい面があります。

○食事と食事の間に食べるというのは、食べた分をなるべく運動で消費するという意識をもってもらうことにもつながります。

食べる時間で一番よくないのは、夜中といわれています
血糖が高いまま寝てしまい、下がりきらないまま朝起きることになります。
夕食後は、何も食べないを実行してみてください。
どうしても、という場合は熱いお茶やブラックコーヒーなどを試してみてはいかがでしょうか。

ゆっくり食べる
せっかくのおやつですから、ゆっくりと味わって食べたいものです。
なんとなく、おやつを食べるという習慣化している場合もあります。
今、自分はおなかがすいているのか
おやつで補わないといけないくらいなのか
食べるなら、これくらいと量を決めてたべることも大事です。


こちらのサイトもおススメです

「80kcal おやつ名人」


糖尿病のお食事の宅配を上手に利用してみませんか?

管理栄養士監修の手作り宅配食 【糖尿病の方向け】カロリー調整食200kcal





banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>



関連記事

コメント













管理者にだけ表示