ホーム糖尿病の食事 ≫ 糖尿病の食事に大事なこと その5~食物繊維をとる

糖尿病の食事に大事なこと その5~食物繊維をとる

a1180_012816.jpg


糖尿病のお食事で大事なことを記事にしています。

1回目 糖尿病かなもと思ったら
2回目 適性なエネルギー量
3回目 バランスの良い食事
4回目 一日3食きちんと食べる

今日は、5回目
食物繊維をとるです

食物繊維=野菜・きのこ・海藻といえます。

①毎食野菜を食べる
②一日に一回は、緑黄色野菜(菜っ葉など)を食べる
③一日一回海藻を食べる
④一日一回きのこを食べる


この4項目を一日の食事を考える時に、思いだしてください。
夕食に何を食べようか?と思ったら

『あっ、今日はまだ菜っ葉を食べてないわ~。お浸し食べよう』とか

『あっ、海藻使ってなかったわ~。味噌汁の具はわかめね(ひじき煮食べよう)とか

『あっ、きのこもいるんだった。野菜炒めにしめじいれとこ』というように

少量でもいいので、毎日食べる習慣をつけることで、食物繊維を摂ることにつながり、血糖のコントロールにつながります



にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


糖尿病の食事に大事な食物繊維の続きはコチラ

スポンサーリンク


野菜は食物繊維とともに、ビタミン・ミネラルの宝庫です。いろいろ取り合わせて食べたいものです。
野菜の中でも、緑黄色野菜と呼ばれるもの(ほうれん草・人参・トマト・ブロッコリー等)
これには、ビタミン(カロテン・ビタミンCなど)・カルシウム・鉄分を多く含んでいます。
一日に一回は登場させてください。

ただし、漬物は元は野菜ですが、塩分が多いのであまりできるだけ少量にとどめます。

食物繊維はなぜいいの?

食物繊維は、水に溶けると粘度を増します。
水分を吸収する力が強いので膨らむ力も大きく、胃の中で停滞する時間も長くなります。
それによって、消化吸収のスピードも遅くなるため、糖の吸収を緩やかにして血糖値の急激な上昇を抑えてくれます


注意点

野菜・きのこ・海藻を食べればいいのねということになりますが、野菜の中には、糖質を多く含むものもあり注意が必要です。
かぼちゃ・れんこん・とうもろこし・ゆりね・栗
これらは、野菜でありながら糖質も多いので、糖尿病の食事ではごはんと同じと考えます。

芋類(じゃが芋・さつま芋・里芋・長いも)も、 人によっては野菜と思われるかと思います。
でも、これも糖質が多いので、ごはんと一緒です。
これらは、食べてはいけないものではありませんが、量に注意が必要です

注意する野菜や芋類以外の野菜を毎食とることが食物繊維をとることになります。





banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
あなたのポチが、明日への力に!
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>



関連記事

コメント













管理者にだけ表示