ホーム痛風(高尿酸血症) ≫ 尿酸値が高いと言われたら~その2

尿酸値が高いと言われたら~その2

a0002_011549.jpg


高尿酸血症の食事の記事をかきました
尿酸値が高いと言われたら

少し追加をしますね。

病院の職員さんに、聞かれた時に、
「尿酸値が高いと豆腐って良くないってホント?」
こう聞かれました。

私は、あまり聞いたことがなかったので、??だったのですが、ちょっと調べてみると、同じような質問をしている方がいるようです。
100gあたりのプリン体は、豆腐は少ないくらいです。
納豆は、少しはありますがお肉と一緒くらいです。

普通に食べている程度なら問題はありません。
大豆製品である豆腐・納豆は健康食品のイメージが強いです。
しかし、夏の暑い時期に食欲がなくて毎食豆腐を1丁食べていた
なんて場合は、プリン体が蓄積して尿酸値があがってしまう場合があります。
さすがに毎食豆腐一丁は食べすぎですね。

また、夏の暑い時期にクーラーのきいた部屋でずっと過ごしていたなんて場合も、体が冷えすぎて、血流量が低下している場合があります。
すると、プリン体も尿と一緒に体の外へ出ていきにくくなってしまいます。

また、食事だけでなく、ストレスが強いこともプリン体量に影響すると言われています。

高尿酸血症・痛風の食事では「プリン体の多い食品を控える」ことが大切です
ただし、プリン体の数値は100gあたりの物なので、一食当たりに直して考えることも大事です。
その代表選手が、ビール。
ビールの100gあたりのプリン体量は5.1㎎と低いのですが、毎日500ml飲んでいると、どんどんプリン体が増えてしまいますね。
納豆ならば小さ目のパックを一個くらい、豆腐ならば半丁くらいを1日に食べる目安にします。
どんな食品も摂りすぎるとよくありません。

いろいろな食品をまんべんなく食べる
これが、一番の極意かもしれませんね。





banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>




関連記事

コメント













管理者にだけ表示