ホーム高齢者の食事 ≫ 最近ムセることが多いなと思ったら~嚥下障害かも?

最近ムセることが多いなと思ったら~嚥下障害かも?


嚥下障害という言葉をご存じでしょうか
高齢者に多く、飲み込み(嚥下)がスムーズにいかなくなる症状のことをいいます。
最近、ムセることが多いな
飲み込む時にひっかかるような気がする
こんな症状があれば、嚥下障害かもしれません。

私たちは、毎日口から食事をし、飲み込むという動作を無意識のうちに行っています。
この動作が、誤って食道に入らずに気管に入ってしまうことがあります。
この状態を誤嚥といいます。
気管は食物の通る道ではないため、無意識に食物を喉から出そうとして、ムセるという状態がおこります。

言い換えると、むせるという動作が起こることは、、体に備わった自己防衛ともいえます。
ムセることがなければ、気管に食物が入ってしまい肺にたまり炎症(熱が出る)を起こしてしまいます。
この状態を誤嚥性肺炎といいます。

本人は、自覚のない状態で突然熱が出るという状態も多いです。
病院では、自宅で誤嚥性肺炎を起こして入院してくる方も多いのです。
できるだけ、自宅で元気にすごしてほしいですね。

もし、高齢の方で以下の状態が一つでもあれば、誤嚥に注意が必要です。

○むせる
○呼吸が苦しい
○のどや肺の聴診で雑音がある
○飲み込む時に上を向く
○口から食べ物がこぼれる
○飲食物が鼻から出てくる
○口の中に食べ物がたまってくる
○食べ物が逆流してくる
○飲み込むと違和感や痛みがある
○食事で疲労する。時間がかかる
○痰がからんだようなガラガラ声になる

病院で実際におこなっている、嚥下障害の方のためのお食事を少しずつご紹介していきたいと思っています。


飲み込むことに心配のある方はコチラもおススメ

飲み込むことが困難な方の水分・栄養補給ゼリー|バランス





人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります
↓コチラを押してください
banner(2).png






ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>





関連記事

コメント













管理者にだけ表示