ホーム栄養のお話 ≫ リコピンは魔法の栄養素になるか?

リコピンは魔法の栄養素になるか?

a0002_001679.jpg

リコピンと言う栄養素を聞いたことがありますか?
リコピンは、最近話題の栄養素で、
トマト=リコピン
といわれているので耳にしたこともあるかもしれません。

以前にトマトの記事で少しふれました。
トマトの記事はコチラ⇒献立パズル~トマト

リコピンは、カロテノイドという栄養素の一種で、β―カロテンの仲間です。
トマトに含まれる脂溶性の赤色の色素です
βーカロテンは人参・ほうれん草に多く体内でビタミンAに変化することから以前は、β―カロテンの方が有名だったかもしれません。

【リコピンの働き】
○抗酸化作用
○動脈硬化を予防するLDL酸化抑制
○糖尿病などを予防する血中アディポネクチンと言うホルモン増加
○癌の発症抑制
○美白・美肌効果


※抗酸化作用とは、
人は酸素を取り入れてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素は化学変化を起こし活性酸素というものを発生させます。
過剰に発生した活性酸素は、人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。
今の現代社会で、活性酸素が増える要因(ストレス・アルコール・電磁波・放射能)が増加し体内での機能だけでは対処が難しくなってきています。
活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。


ちょっと調べただけでも、たくさんの効果が期待されています。
ただ、研究が始まったばかりの栄養素ですので、魔法の栄養素となるかどうかは、あと10年くらい待たないといけないかもしれません。

リコピンだけをみれば、生のトマトよりトマトジュースの方がいいとか
サプリメントの方が効果的
という話を聞きます。

個人的には、できれば野菜から栄養素をとってほしい。
そして、リコピンだけに注目するのでなく、緑黄色野菜ととらえて、毎日100g程度を目安に摂ってほしいと思うのです。
リコピンの過剰摂取によるデメリットはほとんどありませんが、体内でビタミンAに変わるため、サプリメントに関しては、推奨量を守ることが大事です

ビタミンAは脂溶性のビタミンですので油と摂ったほうが効果的です。
なら、毎日トマトをドレッシングと食べればいいのかとなりますが、
ドレッシングには油がたくさん使用するので、今度はカロリーの摂りすぎが心配です。
何事も、ほどほど適量が一番いいかなと思いますね

リコピンの美白・美肌に注目して、美容目的で取り入れる方法も言われています。
ただ、その部分のみを取り上げると
生のトマトよりトマトジュースの方が、
トマトジュースよりサプリメントの方がということになります。

ジュースにすると、食物繊維は取れません。
食物繊維=便秘解消という働きを思えば、やはり一つの成分にのみ注目しての取り方は、人の体全体をみれば、疑問に思います。
何事もほどほどに(^O^)


野菜をおススメする記事はこちら
野菜を食べよう



人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります
↓コチラを押してください
banner(2).png






ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>


関連記事

コメント













管理者にだけ表示