ホームよもやま話 ≫ 隣の栗がやってきた~桃栗三年柿八年

隣の栗がやってきた~桃栗三年柿八年

季節も夏が終わりに近づき秋の気配がしてきました。
我が家の隣の家に栗の木があります

 写真 1(34)   写真 2(35) 

 写真 3(25)   写真 4(16)


今年は、我が家へ越境してきています。(笑)
ベランダからパチリ

写真 1(35)   写真 2(36)



栗は、イガで一目瞭然。
緑から茶色へ色が変わって、中の実も熟すという感じでしょうか。
栗の葉っぱは、細長い。
知っていました?

桃栗三年柿八年
この諺、ご存じでしょうか。
ちょっと調べてみました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


続きはこちら

スポンサーリンク

桃栗三年柿八年
果樹を植えたら、その実がなるまでに相応の歳月を待たねばならないことから、何事も成就するまでにそれ相応の年月がかかるということ。

「桃栗三年柿八年」の後に、
「梅は酸いとて十三年」
「柚子は九年でなりかかる」
「柚子は九年の花盛り」
「柚子の大馬鹿十八年」
「枇杷は九年でなりかねる」などと続けてもいう。


なるほど~
桃栗三年柿八年の後にもあったんですね。
農家の方の地道な努力あっての、果樹ですね。

栗は、何に分類されると思いますか?
種実類という感じでしょうか。

栽培では果樹
食品成分表では種実類
糖尿病では炭水化物の多い野菜と果実になり、 とうもろこし・かぼちゃ・れんこんと同じくくりです。

栄養士として、糖尿病の食事療法でご飯や芋類と同じグループと説明することが多いので、芋類かとずっと思っていました。一般的には、ちょっと違いましたね。

栗は、剥くのが大変ですが、秋を感じさせてくれます。
今は、季節になるとむいた栗も売っています。
栗ごはん
栗きんとん
我が家も、栗ごはんは定番です。

栗といえば、日本料理を連想しますが、
マロンといえば、お菓子を連想しませんか?
これからの旬に一度は食べてみたいですね。





banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります




ランキングに参加しています。
ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示