ホームコンビにランチの選び方 ≫ 『鶏肉と野菜のハーブ焼』は健康ごはんに使えるか?

『鶏肉と野菜のハーブ焼』は健康ごはんに使えるか?

鶏肉と野菜のハーブ焼


コンビニでおもしろい商品をみつけました。

本格総菜が出来たてのおいしさ・保存料なし・レンジで簡単 2~3分。
これでお味も中身もよければ、忙しい時の夕飯やランチに使えます。

さて、実際に食べてみてどうだったでしょう。実はちょっと残念な結果だったんです。
今日は、その商品を食べてみた結果を聞いてください。

スポンサーリンク

鶏肉と野菜のハーブ焼

大きめカットの4種類の野菜(にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも)と、こんがり焼き上げた鶏肉にタイム、ローズマリーなどが入った特製ハーブソースをかけて香り豊かに仕上げました。



鶏肉と野菜のハーブ焼中


 栄養成分(1包装当たり)
エネルギー  263kcal
たんぱく質  10.0g
脂質      16.9g
炭水化物   17.7g
食塩      2.4g



 原材料名
にんじん・かぼちゃ・さつまいも・じゃがいも
鶏肉・植物油脂(なたね油・オリーブ油)
食塩・香辛料・ぶどう糖・でん粉・
フライドガーリック・ゼラチン増粘剤(加工でん粉)・
グリシン・PH調整剤・グリセリン脂肪酸エステル



あさぎの一言
野菜?これは野菜じゃないぞ。ごめんなさい、次は買わないかな


こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


これを見つけた時の期待したのは
①レンジでチンできっちりとしたおかずが食べられる
②お肉と野菜が一緒に食べられる
③もし使わなくても長期保存できる


実際に食べてみた感想です


一番残念だったのが、野菜!
中身の野菜がかぼちゃ・さつまいも・じゃがいも。
これって野菜ですが、野菜じゃないですよね。芋類は、ダイエットには要注意食品。

できれば、芋類じゃない野菜を食べたい!
その意味で、残念な中身でした。

味付けは?
鶏肉は、柔らかかったです。60gくらいでしょうか。なかなか美味しいお味です。
料理名にもあるようにハーブ焼ということで、ハーブが苦手な人にはどうかな?と思ったのですが、それほどハーブが強くはなかったです。

ただし、油が多い。なたね油・オリーブ油が使われているので、健康的にみえますが、ちょっと脂っこいのが苦手な私なので、マイナスでした。

冷蔵での長期保存が可能
長期といっても1ヶ月くらいのようです。
私が買ったのは、1月中旬。賞味期限が2月12日となっていたので、冷凍食品ほどは長期でないと覚えておきたいところです。

-◇-◇-◇-◇-


今回は、これ一品で食べられると思っていたので、ちょっと残念な結果となりました。
またメインとしてみると、ちょっと足りない。そんな中途半端感がありました。

品質や味は申し分ないので、お肉や卵の入った汁物と一緒に食べることでバランス的にも良くなってくる商品のようです。

たとえば、セブンイレブンの『つるもち餃子の中華野菜スープ』

餃子スープ

これとハーブ焼をあわせると
エネルギー453kcal
たんぱく質20g
炭水化物 39.8g

炭水化物40g以下の糖質制限むきのバランスのよい取り合わせになります。
ご飯やパンを一緒に食べるとオーバー気味なので、おにぎりではなく汁物に糖質の入っている商品を選ぶのがコツですよ。

あなたなら、どんな使い方をしますか?


関連記事

コメント













管理者にだけ表示