ホームダイエット中のおやつ ≫ ローソンで発見!ブランの肉まんが糖質半分でも残念な理由とは

ローソンで発見!ブランの肉まんが糖質半分でも残念な理由とは

ブラン肉まん


ローソンで肉まんがでました!
それだけなら、何も珍しいことはありませんが、なんとブランの肉まんだとか。

これは、ぜひ食べてみたい。
もし、ダイエットに使えそうなら、ちょっと小腹がすいた時に菓子パンを食べるより断然いいですよね。

主人に頼んで買ってきたもらいました。3件目であったとか。扱っていないお店もあるみたいですね。
それでは、実際にたべてみた感想と、ダイエットに使えるかどうか見てみましょう。

スポンサーリンク


ブランの肉まん

生地にブランや全粒粉を配合し、糖質をおさえた肉まんです。中具には豚肉にくわえ、筍・玉ねぎ・小松菜などを組み合わせました。(ローソンHPより)

ブラン肉まん 割り


栄養成分1個当り
エネルギー  173kcal
たんぱく質   9.3g
脂質      5.6g
糖質     15.6g
食物繊維  11.3g
ナトリウム  380㎎


あさぎの一言
カロリー・糖質はいいけどお味がね(/_;) 

おやつはコチラの記事でも判定→ダイエット中のおやつ

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

ダイエット中に食べても大丈夫?


当ブログでは、ダイエット中に安心して食べられるか?という部分が大きな基準です。
それでは、判定してみますね。(★が多い方がgood)

ダイエット中のおやつを★で判定

○総カロリー ★★
○炭水化物  ★★
○味      ☆☆
○食べごたえ   ★★

合計 ★★★★★★ ★6つ

ローソンのブランシリーズは、ダイエットの強い味方です。
このブランの肉まんも、なかなか良い目のつけどころですよね。ちょっと小腹がすいた時に活躍しそうです。

カロリー
173kcalというびっくりするくらい低いカロリーです。一般的な肉まんのカロリーは232kcal・糖質32.8gです(ローソン肉まん)
糖質が半分になっていることでカロリーも60kcal程度低くなりました。

糖質
皮の部分の小麦粉をブラン(小麦胚芽)や全粒粉に変えることで、糖質を減らしています。

食べごたえは
ばっちり!
さすが、肉まんです。具が大きくゴロゴロしている感じです。一個食べると、結構お腹がいっぱいになりましたよ。

ブラン肉まん 中身



今回、この味が1番ひっかかりました。あくまでもあさぎの感想ですが、ちょっと粉っぽい感じがしたんです。
それが全粒粉の特徴なのかなとも思います。

肉まん=皮は柔らかい
というイメージがあったので、ちょっと残念に思いました。

肉まんの中身の具は意外と脂っこいものも多いです。今回のブランの肉まんはちょっとあっさりした感じもしました。

ブラン肉まん 中身2


ブランの肉まんより、普通の肉まんを半分で食べるほうがいいかなとあさぎは思いました。

あなたのお気に召すかもしれません。
一度お試しあれ!


恒例の我が家の今週1週間の献立をご紹介!



【我が家の10月16日からの献立】
メイン 鶏肉とさつま芋の香味たれ 鮭のみそバターソテー 豚しゃぶの野菜ドレッシングし サバの塩焼 牛肉のカラフル炒め さわらの竜田ソテー おでん
副菜① ごまドレやっこ 卵と大根のうま煮 ひじきの炒り煮 小松菜の胡麻和え ブロッコリーサラダ ほうれん草のかか和え
副菜② 水菜ともやしのお浸し かぼちゃ煮 大根なます おさつサラダ
汁物 えのき汁 味噌汁 豚汁 豆腐の味噌汁 餃子のスープ

※今週は、ヨシケイ夕食ネットを月曜・火曜・水曜に利用します。
ヨシケイ夕食ネットを使った感想はこちら
ヨシケイ夕食ネット~お試ししました

メニューの詳細は公式ページをごらんください。
献立作りの悩みを解決! 夕食食材宅配サービスの【夕食ネット】

※当日朝5時まで注文OK!

★献立の中の汁物は、内容を決めずに冷蔵庫に残っている野菜を利用します。
 野菜がなければ、ワカメでもOK。

☆あさぎが献立を考える時には、こちらの書式を使っています。
(上で使った枠組みの表です)
献立表
パソコンからダウンロードしてプリントアウトできます。
無料なので、ぜひ使ってみてくださいね。

お昼ごはんを含めた書式もあります。家族の休みが多い日には、便利です。
お昼を含めた1週間夕食献立表(書式)

毎週定期的にダウンロードしてくれる方がいて、とっても喜んでいます。
ありがとう♪

さあ、今週もがんばっていきましょう!


関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

- | 2017.10.30 13:02 | URL


はじめまして。通りすがりですが
少し気になった点として動物性食品は害が大きいというのがあまり知られていないのがこの国の問題点としてあると思います。獣食を含まない和食が海外でブームなのは食事が研究されているからですね。
肉消費量-大腸がん死亡率
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Cancer_and_diet_from_NIH.PNG
乳脂肪-心臓病死亡率
http://www.jhf.or.jp/publish/upload_images/28%E5%9B%9E%E5%9B%B3%E6%96%B0%EF%BC%92.jpg

動物性の脂肪は心臓や脳にダメージを蓄積し、人格にも影響を及ぼすものと言えます。
今や日本人の突然死は年間10万人以上、児童虐待も凄まじい状況ですので食のグローバル化について考えなければならない時だと思います。
がんの予測新規患者は101万人('17)だそうで、米国の発症率の2倍近いという惨状ですが、政府はろくに手を打つ気がないようです。米国の予防策には赤肉・乳脂肪への啓発が入っており死亡数・発症数とも減少の傾向が出てきました。

砂糖にも糖化というかなりの害が潜む事が知られるようになり
カロリーだけでは食品の価値は定められない事が明らかになりつつあります。私は個人的体験で断食をし、体内環境の改善からガンや老化を予防できる事を知りました。現代人の"汚染"状況も断食をすると把握できるようになるので面白いしお勧めです。半日断食もブームですね。
調べてみられるとより良い事実について知る事ができると思いましたので書かせて頂きました。突然失礼いたしました。
日本人の肝臓状態
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015ima/20150902-3.jpg

秀和 | 2017.10.25 07:47 | URL














管理者にだけ表示