ホーム大人の食育 ≫ おうちごはんが食育の第一歩~なんでも食べる子にしよう

おうちごはんが食育の第一歩~なんでも食べる子にしよう

a0007_000313.jpg


食育という言葉を耳にするようになって、しばらくたちました。
でも、食育って何?ときかれたら、
小学校で子供に教える食事のこと・・・とでも答えるかな。

意外と、知っているようで知らないことかもしれません。
平成17年に食育基本法ができ、翌年食育推進基本計画が作られました。
それを受けて、学校における食育の推進が行われています。

食育は子供のものという意識があったのですが、
子供に伝えるためにも、今や大人が食育を必要としていることを感じます。

おうちで食べる御飯は、ごちそうでもいいけれど、毎日がごちそうでは困ります。
食べてはいけないものはないけれど、同じ物をずっと食べていると、バランスが崩れる場合があります。
なんでも食べる
いろんなものをまんべんなく

これが、健康への近道かもしれません。

先日私の姉夫婦を食事をする機会がありました。
姉のこども(中学生)は、好き嫌いが多く外食をしても食べるものに困るほど。
好き嫌いがあってもいいのですが、嫌でも食べることを子供の小さいうちから大人が理解しておくことが大事なんじゃないかなと思います。
お母さんが一生懸命作った料理。
美味しく食べてもらいたい想いがつまっています。
こどもにその気持ちが伝わるには、ご飯を一緒に食べることからかもしれません。

好き嫌いの多い子は、お母さんが優しいのかも。
我が家は、残すことはNG。
体調が悪くて食べれないときは、別ですがそれ以外は食べなければまた次の食事に同じものが出てくるシステムなんです。
子供との根競べに親が勝ったのか今では文句いいながらもなんでも食べるようになりました。

なんでも食べられる子にするために、大人が何でも食べてみないとね(^_^;)







banner(2).png

人気ブログランキングに参加しています
ポチっと応援いただけると、更新の励みになります





ランキングに参加しています。
ここには、本当に素敵なご飯がいっぱいあるんですよ。ぜひのぞいてください。
ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また明日<(_ _)>




関連記事

コメント













管理者にだけ表示